【面接の服装】営業職の面接は見た目が命!面接に着ていくべき服装や身だしなみの注意点を徹底解説

【面接の服装】営業職の面接は見た目が命!面接に着ていくべき服装や身だしなみの注意点を徹底解説

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

面接時の服装でお悩みの方も多いのではないでしょうか。

特に今回は営業職の面接に適した服装の解説をします。

営業職の場合には特に、面接時のイメージだけではなく、営業先でお客様に信頼されるような人物かどうかといったところも評価されるでしょう。

おしゃれである必要はなくても、清潔感やバランスの取れた安心感を与える服装・身だしなみについてのポイントを業界別や男女別など詳しく紹介していきます。

営業職の面接を受ける予定があるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

【営業職の面接】着ていくべき服装の見分け方

営業職の面接で企業を訪問する場合に着ていく服装は、基本的にスーツ着用が望ましいでしょう。

基本的な考えとして、面接は相手企業の担当者の時間をいただくと考えられます。

特に営業職の場合は、相手の企業に商談のアポを取ってお伺いし自社の商品やサービスを提案して売り込むのと同じように、就職希望の企業に自分を提案し売り込みに行くようなものだと考えましょう。

そうすると、スーツ着用が一番無難ということになります。

もちろん、業界や企業の文化によっては正解かどうか迷う場合もあります。

その場合には、あらかじめ企業の担当者に当日の服装について事前に連絡しておくのがよいでしょう。

事前連絡で見分ける方法 

業界や企業の文化によっては、ネクタイを締めたきちっとしたスーツがふさわしくないと思われる場合もあります。

そこで、事前に連絡した際に相手企業の回答別に着ていくものを説明します。

「スーツで」という回答があった場合には、リクルートスーツ(転職の場合にはビジネススーツ)を着ていきましょう。

「私服で」という回答の場合には、オフィスカジュアルがちょうどよいところです。

「指定なし、または服装自由」という場合には、営業職であればやはりスーツを着ていくのが基本になります。

しかし、事由な社風で社長自ら普段はTシャツで勤務している場合にはオフィスカジュアルを着ていくとよいでしょう。

業界や企業の文化によっては、「オフィスカジュアル」を採用している企業も増えてきました。

しかし、その「オフィスカジュアル」には「オフィスで着るカジュアルウェア」というような曖昧な意味しかありません。

オフィスカジュアルについては後述します。

業界で見分ける方法

業界によって好まれる服装、好まれない服装があります。

堅いイメージがある銀行なども、カジュアル化が進んでいる企業もありますが、やはり慣習としてその業界特有のビジネスコード、ドレスコードが残っているところも多いのです。

ここでは、企業のグループごとに、それぞれ好まれる服装、ドレスコードについて説明しましょう。

業界 望ましい服装 理由
不動産・メーカー・医療・人材 ビジネススーツに白のシャツ、普通のネクタイ。 取引額が高額なため。業界全体として固い雰囲気があるため。
金融・公的機関 ビジネススーツに白のシャツ(ボタンダウンは不可)、派手ではないネクタイ。 金融や公的機関は信用をもとに取引をするため。
アパレル・マスコミ・IT外資系・ベンチャー スーツまたはオフィスカジュアルの服装がよい。 自由な社風の企業が多いため。


「基本はスーツ、または私服で」と言われたらオフィスカジュアルで臨むとよいでしょう。

オフィスカジュアルの具体例としては、襟のついたシャツでノーネクタイというスタイルがあげられます。

ちなみに、ビジネスカジュアルとは営業活動にも適したカジュアルという意味です。

上下そろいではないジャケットにチノパンツ、襟つきのシャツに革靴といったスタイルです。

オフィスカジュアルとは、社内業務をする人にとって最低限の礼儀をもったカジュアルといえ、ノンジャケットで靴はスニーカーを合わせてよいということになります。

【営業職の面接】面接官が見ている服装のポイント

営業職の面接で、面接官は質問の応答だけではなく服装のチェックもしています。

見た目が大切ではないというのはやはり建前です。

営業先の相手の方にひと目でだらしないと思われたなら、商談を上手にすすめるのは難しいでしょう。

一般的にチェックされている服装のポイントは大きく3つあります。

「清潔感」「全身のバランス」「ビジネスマナーを理解しているか」です。

この3つについて、以下に解説していきますので順を追って確認していきましょう。

清潔感 

就職活動だからだけではなく、営業職として清潔感は大切です。

「服装が汚れていないか」「服装が乱れてだらしない感じになっていないか」服装だけではありませんが、「におい」の3つに注意します。

服装の汚れとは、ジャケットやシャツにシミや汚れがないこと、ボタンが取れていたりしないこと、シャツやズボンはアイロンがけがされていてシワがないことに注意しましょう。

服装の乱れは、シャツのボタンはしめてあるか、ネクタイは曲がっていないか、ジャケットが片方にずれていたりしないかなどに注意します。

においは、カビやたばこのにおい、汗のにおいなど見た目ではない汚れがないかどうかをチェックしましょう。

全身のバランス感 

服装におけるバランス感とは、サイズ感や、スーツの上下がそろっていること(生地や色)がチェックされています。

また、見逃しやすいのが靴の組み合わせです。

ベルトと靴の色は合わせるとか、ウォーキングシューズなど靴だけカジュアルになっていないかといったことも確認しましょう。

こうした服装におけるバランス感がずれていると、相手に対して仕事ができないといった印象を与えてしまいます。

特に、サイズ感に関しては肩幅があっていないとか、袖が長すぎる(短すぎる)、ズボンが長すぎる(短すぎる)とだらしない感じが出てしまいます。

必ず自分にフィットしたサイズのスーツを選びましょう。

ビジネスマナーを理解しているか

ビジネスマナーには大きく3つあり、言葉づかい、身だしなみ、応対(電話応対、名刺交換、席順など)あります。

新卒の場合には、言葉づかいは最低限の敬語が使えるかどうかがチェックされます。

応対はわからないことが多いでしょう。

これは新人研修などで学びます。

身だしなみについては、はじめての顔合わせ(面接を含む)において適切な服装ができているかがチェックされます。

つまりこれが「私服」の指定がない限り、スーツを選んでおく無難な理由です。

そして、スーツ着用時には次の点にも注意しましょう。

  • スーツやシャツはシワがないこと。
  • シャツの襟がよれていないこと。
  • ネクタイはきちんと締めてあること、曲がっていないこと。
  • スラックス(パンツ)はプレスがかかっている、裾が長すぎたり短すぎたりしないことスカートの場合は、丈が短すぎないこと。
  • 靴は汚れがなく、磨かれていること。

これらは最低限の身だしなみといえます。

【営業職の面接】男女別のおすすめの服装

これまで、主に面接時の服装の身だしなみについて見てきました。

面接のときに、見た目の印象が悪ければ、質問の応答内容がしっかりできていても十分に評価されない可能性もあります。

ここでは、面接官に好印象を与えるおすすめの服装について男女別に説明していきます。

特に転職の場合には、お互いにビジネスパーソン同士の初対面の場ともいえるので、失礼のない服装を心がけるようにしましょう。

ドレスコード別に、スーツのパターンと、私服のパターンについて見ていきましょう。

おすすめのスーツの着こなし 

まずはスーツの場合について説明しましょう。

基本的に、転職の場合はリクルートスーツではなくビジネススーツを選びます。

リクルートスーツは新卒、新人のイメージが強いため面接官に違和感を与えてしまいます。

ビジネススーツの場合でも、清潔感は必要です。

クリーニングしてきれいだったとしても着こなしがだらしなくては清潔感もなくなります。

また、スーツはきれいに着こなしているのに靴が汚れていたり、ダークスーツに明るい茶色の靴だったりといったちぐはぐなコーディネートもいけません。

男性のスーツのOK例

男性のスーツはシングルの2つボタンか3つボタン、色はネイビーかダークグレーのテイラードスーツを選びましょう。

2つボタンの場合は上1つ掛け、3つボタンの場合は上2つ掛け、または、中1つ掛けです。

ジャケットとパンツはそろいのスーツにしましょう。

ワイシャツはアイロンのかかった白無地のもの、ボタンダウンはNGです。

ネクタイは無地、小紋、ストライプのいずれかの落ち着いた色のものを選び、襟のところまであげます。

ベルトと靴は黒の革製がよいでしょう。

ベルトは派手なバックルのものは避け、靴は紐のついたビジネスシューズであれば問題ありません。

時計は落ち着いたアナログのものがよいでしょう。

大きく派手なもの、ひと目で高級ブランドとわかるようなものは避けます。

かばんはビジネスバッグであれば良いですが、トートバッグの場合には自立するものを選びます。

リュックは、私服またはカジュアルで良いと言われたとき以外は避けましょう。

女性のスーツのOK例

女性のスーツは無地のテイラードスーツで、ひざ丈のタイトスカートがベストです。

しかし、パンツスーツでも問題ありません。

ビッグシルエットのものや身体の線を強調するようなスーツは避けます。

また、ワンピースも避けましょう。

シャツまたはブラウスは、白か淡いパステルの無地のものを選びます。

カットソーやニットでも良いですが、胸元が開きすぎていないものを選びましょう。

ストッキングはナチュラルストッキングが良いです。

タイツはカジュアルに見えてしまうので避けます。

腕時計はコーディネート全体の中で目立たないものを選びましょう。

かばんはA4サイズが入る大きさのもので、置いたときに自立するものを選びます。

派手なものは避けましょう。

靴は黒のシンプルなパンプスを選びます。

ヒールの場合でも高すぎないもの、せいぜい7㎝までの高さで歩き慣れた無理のないものを選びます。

アクセサリーは業界などにもよるので一概にはいえませんが、基本的には着けないほうがよいでしょう。

着ける場合にも小ぶりでシンプルなものを選ぶのが無難です。

スーツを持っていないときは? 

スーツを持っていない場合には、購入するしかありません。

入社してからも着ることになるので購入してください。

転職の場合には、リクルートスーツを避けてビジネススーツを購入しましょう。

リクルートスーツを着るのは卒業後1~2年までと考えてください。

価格の目安として、社会人3年目までなら2万円~4万円程度のもので十分です。

20代後半以上は5万円程度のものが相場です。

肩幅が広くて、肩幅を基準に選ぶと丈が長くなってハーフコートのようになるなど、サイズ感がおかしくなる場合にはセミオーダーなどを選ぶとよいでしょう。

2万円台からでもセミオーダーで購入できるところもあります。

おすすめの私服の着こなし

では次に、アパレル・マスコミ・IT・外資系・ベンチャーなどのカジュアルなスタイルが推奨されている企業で「私服で」と言われた際の着こなしについてみていきます。

この場合は、アパレルやマスコミなどクリエイティブな業種を除いて、オフィスカジュアルが基本のスタイルになります。

「カジュアル」とついていても、ビジネスパーソンとして相手人事の時間をいただいているという感覚をもつことが大切です。

アパレルやデザイン系の場合には、面接を受ける企業のブランドイメージに沿ったデザインのものを選びましょう。

アパレルの場合は特に自分のセンスを見せたいと思うでしょうが、清潔感を出すことだけは忘れないでください。

どちらの場合でも、営業職での希望なのですから面接官にとって「客先に商談に行って契約を取れる」イメージが浮かぶようなコーディネートを考えて見てください。

では、次から、男性の「私服」の例と、女性の「私服」の例を見ていきましょう。

男性の私服のOK例  

ジャケットは紺のブレザーか、落ち着いた色の無地のジャケットを選びましょう。

色は紺・グレー・黒が無難です。

ワイシャツは無地のもので白または白に近い明るめのものを選びます。

夏ならポロシャツに変えても良いですが、必ず襟のついたものを選びましょう。

裾はパンツの中に入れます。

ネクタイはノーネクタイでかまいません。

ベルトは黒または茶のものを選びます。

派手なバックルや凝ったものは避けましょう。

かばんはトートバッグで問題ありませんが、置いたときに自立するものを選びます。

ぺしゃんこになるかばんはカジュアルすぎて社会人向けではありません。

女性の私服のOK例           

女性の私服の場合、アウターにはジャケットまたはカーディガンを着ます。

色はネイビーや黒、グレーのほかベージュやキャメルなら問題ありません。

無地のシンプルなものを選びましょう。

アウターがあるのとないのとでは、信頼感に違いが出るためなるべく着るようにするとよいでしょう。

インナーの襟はなくてもかまいません。

ブラウスまたはカットソーを選びます。

色は白がベストです。

また、パステルカラーも問題ないでしょう。

ボトムは、タイトスカート(セミタイト)がベストです。

またはパンツスーツでも問題ありません。

身体のラインを強調しすぎないながら、ある程度身体のラインに沿ったものがよいでしょう。

パンツスーツを選んだ場合にはベルトをしている方がよいでしょう。

かばんはA4サイズも入るトートバッグがおすすめです。

色は黒、紺、ベージュ、茶色といったシンプルな落ち着いた色を選びます。

ロゴが強調されているような派手なブランドバッグは避けましょう。

靴は、パンプスがベストで、ヒールの場合は高すぎないものを選びます。

夏でもサンダルやミュールは避けます。

冬でもブーツは避けたほうが無難です。

【営業職の面接】服装以外に注意すべき身だしなみ 

服装以外にも注意すべきところもありますが、「私服で」について1つだけ注意点を付け加えます。

「私服」と普段着は別のものです。

休日のおしゃれ着や家でくつろぐような服はNGです。

帽子などの余計なアイテムもNGということになります。

その延長で、髪型やメイク、そしてネイルをどうするかも決まってきます。

たとえば髪型は好印象を与えられるようなものがよく、カラーリングについては黒髪や落ち着いた茶髪などが理想的です。

また、フレグランスも基本的には着けないほうがよいでしょう。

においでいうと、海外ブランドのメイクやヘアスタイリングの香り、洋服の柔軟剤の香りなどにも気をつけてください。

特に、柔軟剤には最近香りの強いものが多くなっています。

職場での香りについては、近年スメルハラスメントが問題になることもあるので、面接用の服を洗う際には香りのない柔軟剤を選ぶようにするとよいでしょう。

髪型やメイクなどの身だしなみについて、以下により詳しく見ていきます。

髪型・ヘアスタイル

髪型・ヘアスタイルについて説明していきましょう。

男性女性問わず、前髪は営業職の場合、特におでこが見えるようにするのがベストです。

色は黒が基本です。

もしくは、明るすぎない茶色にカラーリングした状態でも問題ないでしょう。

ただ、カラーリングの場合色よりも「プリン髪」に注意が必要です。

プリン髪とは、ヘアカラーのあと、時間がたって生え際の地毛とカラーリングの色とが変わることで色の段差が目立ってしまうことです。

ヘアカラーを入れた部分は黄色がかっていて、地毛は黒のままなのでちょうどプリンのカラメルのように見えてしまいます。

スタイリング剤を使わない場合、特に男性の場合には前髪が垂れていたりすると、営業職では子どものように頼りない印象を与えてしまうので必ずセットをしましょう。

お化粧・メイク

女性の場合にはノーメイクよりはメイクをしたほうが良い印象を与えられます。

面接用のメイクのポイントは、華やかさを重視するのではなく、顔色を健康的に明るく見せることです。

普段ノーメイクの人も最小限のメイクをしたほうがベターです。

ファンデーションは顔色を明るくしたり、チークやリップをうまくのせたりするためにもしたほうがよいでしょう。

リップ・チークを入れると顔色をよく見せられます。

コーラルカラーは比較的万人に合う色なのでおすすめです。

マスカラ・アイラインは目元が強調されるので、やりすぎには注意が必要です。

つけまつげやエクステはやりすぎになってしまうので注意してください。

ネイルは業界や企業によってはNGのところもあります。

ナチュラルに見える程度にしておきましょう。

カラコンは良い印象をもたれません。

コンタクトは無色のものを使いましょう。

まとめ 

見た目が9割、というタイトルの本もあります。

面接の場で見た目が9割ということはありませんが、それでも面接官の中でそれなりの評価点があるようです。

特に不潔な感じ、ちぐはぐでアンバランスな感じの見た目は、採用後の仕事にもクエスチョンマークがつくので営業職では見た目に気を使う必要があります。

清潔感と基本的なビジネスマナーを感じさせることには注意して、身だしなみをしっかりと整えて印象を悪くすることがないように気をつけましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます