【転職】例文付き!アパレル業界の営業の志望動機の書き方を徹底解説!

【転職】例文付き!アパレル業界の営業の志望動機の書き方を徹底解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

pixta_79160507_M

アパレル業界の営業職を志望している人は、とても多いでしょう。

しかしながら、志望動機がなかなかまとまらないという人もいるはずです。

アパレル業界の営業職というもの自体、まったく知識のない人にとっては想像できない業種かもしれません。

そんなアパレル業界の営業ですが、アパレル業界の営業について理解を深めれば、おのずと志望動機もまとまってくるものです。

今回は、アパレル業界の営業への転職を目指す場合における、志望動機の書き方を徹底解説していきましょう。

【アパレル営業の志望動機】アパレルの営業の仕事とは

自社の商品を百貨店や小売店などで取り扱うように働きかける仕事です。

また、販路の拡大により売り上げアップに貢献します。

より多くのお店で、自社の製品を取り扱ってもらわなければなりません。

そのため、相手先の企業に自社の製品の魅力を知ってもらうことがもっとも大切でしょう。

また、展示会の準備やイベントの企画なども行います。

展示会を準備しイベントの企画をするのは大変なことですが、自社の製品の魅力を広めるための大切な仕事です。

そして、展示会には一般のお客様だけでなく、これから一緒に仕事する可能性のある企業の人も来場します。

自社のアパレル製品の魅力や良さを世に広めることが営業の仕事でもあるので、大変魅力のある仕事と言えるでしょう。

百貨店営業

百貨店に、営業を行うこともあるのがアパレル営業です。

百貨店には多くのアパレルのお店が立ち並んでいるでしょう。

また、百貨店への出店のためだけでなく、すでに出店している場合は維持のために商談をします。

百貨店に新規で出店をするだけでなく、既存の店舗を維持するための商談も必要なので、コミュニケーションが得意な人は有利でしょう。

新規での出店や、これからも製品を百貨店に置いてもらうため、自社のアパレル製品の魅力を百貨店に伝えます。

リテール営業

リテールとは小売りのことを意味し、個人や小売業者に対し営業を行います。

百貨店営業などと違い、こちらは個人営業のスキルが求められるでしょう。

リテール営業は、個人に対して行う営業が多く、相手の心を動かす営業が必要です。

また、リテール営業は、個人を相手にする小売店への営業促進なども含まれます。

リテール営業の場合も百貨店営業などと同様で、自社の製品を取り扱ってくれるように商談するのが大切です。

自社の製品の魅力が伝わるように、相手先とコミュニケーションを取りましょう。

ホールセール営業

メーカーやセレクトショップに営業を行うのが、ホールセール営業です。

ホールセール営業は、小売業者と取り引きを行う営業のことをいいます。

リテール営業と違い、規模も大きくなり、むしろリテールを手掛けている企業への営業を行うものです。

ホールセールという単語で、セレクトショップなどに自社製品を卸し、自社製品を扱う販売店の数を増やすことです。

ホールセール営業により、自社製品を取り扱う店舗が増えれば認知度も高まり、売り上げアップにつながります。

【アパレル営業の志望動機】アパレルの営業に求められる素質

アパレル営業に求められる素質を、ご紹介しましょう。

営業職に共通して求められるものもありますが、アパレル業界ならではの求められる素質もあります。

自社のアパレル製品の魅力を伝え、多くの人へ届けるために必要な素質を3つあげていきます。

アパレル営業に求められる素質は、ほかの業界の営業に求められるものと異なることもあるでしょう。

1つでも当てはまった人は、アパレル営業に向いているかもしれません。

さっそく、アパレル営業に求められる3つの素質を見ていきましょう。

コミュニケーション能力

営業の基礎ともいえるのが、コミュニケーション能力です。

営業の仕事上の信頼関係を築くのにコミュニケーション能力はもっとも重要になります。

アパレル営業に求められるコミュニケーション能力は、アパレル商品の魅力を伝える力とも言えるでしょう。

つまり「このブランドは売れる」「良い商品だ」と相手先に思ってもらえるコミュニケーションです。

そして、物腰柔らかにかつ製品を取り扱ってもらえるよう、強くプッシュする力も求められるでしょう。

向上心がある

アパレル営業では多くの場合、売り上げなどの目標が設定されています。

向上心があり、達成意欲のある人が求められる職種です。

さらに売り上げを伸ばそうという気持ちが大切ですし、仕事に対する情熱をもっている人は素質があるでしょう。

自社の製品をより有名にするという向上心でも良いですし、毎月の売上目標を達成すると心に決めて営業するのも良いです。

向上心がある人は、どの職種の営業でも求められるでしょうし、アパレル業界の営業も例外ではありません。

服が好き

アパレル営業で求められる素質は、コミュニケーション能力や向上心といった素質だけではありません。

アパレルは、営業において、他社商品との差別化が非常に重要であり、そのため自社製品に関する知識が求められるのです。

服に興味がある人ほど、その知識をつける勉強が苦でないのは言うまでもないでしょう。

また、服が好きな人・興味がある人は、アパレル営業の仕事そのものにやる気を感じやすい素質があると言えるかもしれません。

語学力のアピールも有効

海外展開している企業も、アパレル業界にはもちろんあります。

海外の会社と取り引きが必要になる場合もあるため、アパレル営業を目指す人はこれから語学力を伸ばすのも良いでしょう。

語学に関する資格や海外への留学経験は、面接などでのアピールにも効果的です。

英語の資格を持っていたり海外への留学経験をしたりした人は、履歴書や面接でしっかりとアピールしましょう。

英語をはじめとした外国語の力がある人は、どこへ行っても重宝されます。

【アパレル営業の志望動機】志望動機のポイント

ここまでで、以前よりもアパレル営業の仕事について理解が深まったでしょう。

アパレル営業の仕事をしたいと思う理由が、自分の中でまとまってきたなら、それを書くのも良いです。

しかし、志望動機を書くにはいくつかのポイントを押さえる必要があります。

ポイントを押さえて書けば、人事の心に響く良い志望動機が書けるかもしれません。

自分の中でまとまりつつある志望動機を、これから紹介するポイントを押さえつつ再構成しましょう。

アパレル営業の志望動機のポイントを、5つ紹介します。

企業・ブランドを選んだ具体的な理由を伝える

どんなところが、魅力に感じたかを具体的に述べましょう。

志望する企業・ブランドを単に好きというアピールにならないよう注意が必要です。

具体的なエピソードを盛り込むことで、より説得力が増します。

志望する企業のアパレルブランドが実際に好きなブランドであるなら、より説得力が増すでしょう。

企業・ブランドを選んだ理由がきちんとあるのとないのとでは、説得力が違います。

他社と比較しどのようなところが良いのか、具体的に好きな部分を明確に伝えることが大切です。

漠然としたイメージで志望するのはおすすめしない

社風が自由であることや、趣味を仕事にできるといったイメージで選ぶのはおすすめしません。

それでは選考に落ちたり、入社後のミスマッチに悩んだりという可能性が出てきます。

社風が自由なことや趣味を仕事にできるということが、求人には書いてあっても、そこだけを志望動機にするのは好ましくありません。

漠然としていて、企業の人事にも響くものがなく「本当にこの会社を良いと思ってくれているのか」と不安に思われることもあり得ます。

そのようなイメージしか思い浮かばないのなら、もう一度、考えを整理したほうが良いでしょう。

なぜ営業を選んだのかを伝える

同じアパレル営業といっても、企業ごとに手法などは異なるものです。

なぜ、営業職を選んだのかも含め、その企業の営業で働きたいのか伝えましょう。

まずは、その企業がどんな営業を行っているかを調べ、企業の方針に即した営業を行いたいとアピールをすることが重要です。

営業にもさまざまな種類があるため、自分に合わない手法をとっている営業職は、そもそも受けないほうが良いかもしれません。

コミュニケーション能力に自信があり営業職に興味がある人でも、その営業職のくわしい中身について知っておくべきでしょう。

あなたの強みを伝える

また、前職での経験やスキルのうち、活かせそうなものをアピールしましょう。

接客業の経験や語学関係のスキル、ビジネス系の検定などは良いアピールポイントです。

またアパレル営業ということもあり、アパレルショップでのアルバイト経験や、服飾系のスキルも有効な強みがあります。

自分の強みを伝えることで、人事にもアピールできるでしょう。

アパレル業界に求められる資質は、下の見出しで紹介しています。

ぜひ、確認してみてください。

あなたがどう貢献できるかを伝える

自分の強みがあるなら、あなたのその強みを活かし、志望する企業にどう貢献できるかを伝えましょう。

しかしながら、はじめて就職する企業なら、どのように貢献できるか、いまいちわからないという人もいると思います。

あなたの強みをもとにどう貢献できるのか、1つずつ考えてみてください。

コミュニケーション能力は、実際の商談の場面で貢献できます。

もともとブランドや服が好きな人は、商品の魅力を伝えるところで人よりも優れた力を発揮できるでしょう。

このように、それぞれの強みから貢献できることを発見してみてください。

【アパレル営業の志望動機】志望動機の例文

ここからは、具体的な志望動機の例文を紹介していきます。

アパレル営業の志望動機を考えるのは、なかなか難しいと感じている人も多いでしょう。

営業職を志望しているものの、アパレル業界についての知識は薄いという人は意外といます。

例文があれば、自分の志望動機もうまく作成できるかもしれません。

例文をそのまま写すのは、もってのほかですが例文を参考に自分の志望動機を深めるのは良いことです。

自分の志望動機と共通する例文や参考になる良い例文を見つけたら、よく読んで参考にしましょう。

以下に、具体的な例文を2つ紹介します。

1つ目は、営業未経験者の志望動機の例文です。

ほかの業界からアパレル営業に転職した人で、飲食店の接客経験はあるものの、営業職はしたことがありません。

また、他業種で売り上げアップした経験を活かしたいという動機もあります。

2つ目は、営業経験者の志望動機です。

こちらも、ほかの業界からの転職者ですが、営業の経験はあります。

前職の営業経験を活かし、今回の企業に貢献したいということです。

さっそく2つの例文を見てみましょう。

例文①:営業未経験者

アパレルではありませんが、飲食店での接客経験があります。

洋服やファッションが好きで、この業界に興味をもちました。

貴社のブランドの服を集めるのも趣味で、アパレル業界は憧れの世界でもあります。

入社したら、大好きな貴社の製品をより多くの人に広めたいです。

前職の飲食店では、お店の売り上げをアップさせた経験もあり、接客に自信がもてるようになりました。

売り上げがあがるときは、とてもやりがいを感じますし、よりスキルを高めたいという気持ちが湧きます。

飲食店の接客よりもアパレルの営業のほうが難しいこともあると思いますが、より高いレベルを目指したく志望しました。

営業職は、未経験ですが飲食店での接客で学んだことを忘れず、営業のスキルもこれから高めていきます。

このように飲食店での経験を活かして、営業職でも貴社に貢献していきたい所存です。

例文②:営業経験者

前職では、他業種の営業をしておりました。

アパレル業界は未経験ですが、以前からファッションに強い興味があり、この業界を志望しております。

ファッションが好きで、友達に似合う服を選んであげることもあり、センスを褒められることも多いです。

貴社のブランドも好きで、プライベートではよく着用しています。

デザイン性もあり、おしゃれに着られるのに機能性が高い貴社の製品は、大変魅力的に感じています。

前職の営業では、好成績を維持していましたが、どうしてもアパレルの道に進みたく貴社を志望いたしました。

新規顧客の開拓も得意で、多くのお客様を獲得し、良い評価をいただいていました。

前職でもやりがいを十分に感じていましたが、貴社でより自分の営業スキルを磨いていきたいという想いが強くあります。

前職の営業経験を活かし、貴社にも貢献していきたいです。

【アパレル営業の志望動機】志望動機の注意点

アパレル営業の志望動機を書く際は、注意しなければならないこともあります。

営業という職種だからこそ、気をつけなければならないこともあり、営業に向いているところを見せなければなりません。

積極性やコミュニケーション力を強みとしなければならないので、そのような点において短所に見える言い回しは避けましょう。

また、前職について書くときも注意が必要です。

アパレル業界の志望動機を、書くうえでの具体的な注意点を3つご紹介します。

受け身にならない

学ばせてもらうなどの受け身の表現は避けましょう。

自ら学ぶ姿勢が必要なので「学ばせてもらいました」ではなく「学んでいました」という表現のほうが良いでしょう。

受け身の表現は、積極性のない人だと捉えられかねません。

なるべく受け身の表現は避けて、志望動機を書くのがおすすめです。

細かいところかもしれませんが、このような表現を避けることが履歴書やESの通過の一歩になるでしょう。

営業職でアピールするなら、受け身や謙遜の姿勢よりも積極性が必要と言えます。

ネガティブな退職理由にしない

アパレル営業職の志望動機を書くなら、前職を悪く言うのは極力、避けましょう。

スキルアップや、やりたいことの達成のためなど、ポジティブな理由に変換するのがおすすめです。

嘘をつく必要もないですが、わざわざネガティブな退職理由を志望動機に書く必要もありません。

転職して、挑戦してみたいことやスキルアップしたいことを理由として書くのが好ましいでしょう。

くわしい退職理由は、別の機会に話すかなるべくポジティブに変換する必要があります。

抽象的な表現は避ける

ブランドが好き、有名だからなどの抽象的な理由は避けましょう。

そのブランドのどのようなところが好きか、有名になったきっかけやブランドの知識などを織り交ぜて具体的に書いてください。

あまり抽象的な表現を使うと、中身のない志望動機だと思われてしまいます。

また、一貫性のある文章も重視されるので意識して書いてみましょう。

説得力のある志望動機にするためにも、抽象的な表現や一貫性のない文章にならないよう工夫してみてください。

まとめ

今回は、アパレル営業の志望動機の書き方について解説しました。

何も参考にするものもなく1人で、志望動機を考えるのは難しいことです。

気をつけなければならないところが多く、志望動機をまとめるのは大変に思ったかもしれません。

自分の強み、なぜアパレル営業を志望しているかあらためて振り返ってみると良いでしょう。

志望動機自体あまりないという人もいるかもしれませんが、例文もいくつか紹介したのでぜひ、参考にしてみてください。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます