【例文あり】不動産営業に転職したい!未経験ならではの志望動機のポイントを解説!

【例文あり】不動産営業に転職したい!未経験ならではの志望動機のポイントを解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

不動産業界は今も昔も需要があり、企業数も多いです。

未経験ではあるけれど、待遇もそこそこ期待できる不動産営業を転職先として考えているという人はいるでしょう。

しかし、未経験でも認められる業界なのか不安を抱えている人もいるはずです。

営業が未経験でも大丈夫なのか、どんなスキルを求められるのかなど、気になる点は多いでしょう。

今回は未経験で不動産営業に転職したいという方に向けて、不動産業界で必要とされるスキルから、就活の際に役立つアピールの仕方などを紹介していきます。

【不動産営業への未経験の志望動機】不動産業界とは

不動産業界とは名前の通り、不動産を取り扱う業界です。

土地や建物などの不動産販売を行うだけではなく、管理や開発、仲介や賃貸を行ったりします。

身近なものだと、引っ越しや新築などを考える際に不動産店を利用するのではないでしょうか。

不動産業界に就職したいと考えている人は、最低限、そもそも不動産とは何かを把握しておきましょう。

「不動産業とは何か」と聞かれた場合、それに答えられるくらいの知識を身につけておく必要があります。

未経験で不動産業界に志望したい場合は、不動産についての理解もまだ深くない場合があるので、不安も多いでしょう。

しかし未経験であっても就職できる可能性はあるのです。

未経験でも熱意があったり、なにか光るものがあったりすれば採用されることもあります。

【不動産営業への未経験の志望動機】必要とされるスキル

未経験で不動産営業に就職したいと考えた場合、どのようなスキルが必要とされるでしょうか。

転職する場合は、やはりこれまでの経験が武器になります。

もしも不動産営業に関わるスキルを持っているのであれば、存分にアピールしていきましょう。

不動産営業に関わるような経験がない場合も、内定をもらえる人もいるので、焦らずに備えてください。

不動産営業に未経験でチャレンジしたい場合、どのようなスキルが重視されるのか、解説していきます。

営業に関するスキル

不動産営業に転職するうえで、一番チェックされるのがこのスキルです。

不動産営業は、1回の金額のやりとりが高額のため、営業を成功させることが難しく、他業界と比べると営業力もより必要になります。

ヒアリング力・行動力・提案力など総合的な力を必要とされるため、あなたのスキルや経験が重視されます。

ある程度の営業経験があるのであれば、不動産営業への転職を考えたときに、優遇されることは間違いありません。

不動産業界も未経験で、それに加えて営業も未経験である場合は、かなり難しい戦いになるでしょう。

自分の別のアピールポイントを探し、それでカバーしていくしかありません。

仕事をしながら営業のスキルを磨いていく必要があります。

特に不動産業界では営業の成功率が低いため、根気強く努力していくほかありません。

不動産に関するスキル

不動産営業に転職したいと考えるのであれば、不動産に関する知識は必須です。

不動産に関わる法律は多く、営業をする場合はしっかり把握してお区必要があり、不動産に関するスキルは間違いなく求められるでしょう。

法律に関するスキルは特に取得するのが難しく、ハードルも高く感じるかもしれません。

やはり未経験であれば、そのようなスキルを持っている人が少ないです。

しかし、そのスキルがなくても、転職が可能な場合もあります。

不動産営業を志望するのであれば、あきらめずにチャレンジしていきましょう。

転職が成功したら、不動産に関する知識については、もちろんスキルアップを目指していかなければなりません。

仕事が始まる前にある程度勉強しておけると、企業側にやる気を見せられます。

【不動産営業への未経験の志望動機】アピールするポイント

それでは、未経験で不動産営業に転職したいと考えた場合、アピールできるポイントについて考えていきましょう。

転職は経験が重視される一面もありますが、そればかりではありません。

経験がない分、別の部分でそれをカバーすることができれば問題ないです。

未経験でも転職してみたいと考えるということは、不動産業界に転職したい理由が何かあるはずです。

自分がアピールするべきポイントを絞っておいて、明確に面接で伝えられるように備えておきましょう。

熱意

未経験者が一番アピールできる点は、やはり熱意です。

熱意を伝えるのは意外と難しく、本当に思っていなければ伝わらないものです。

テンプレートのような話をしたところで、熱意が相手に伝わることはありません。

不動産の営業は先ほども記載した通り、高額な取り引きになるため、成功率が低いです。

なかなか成功しなくて「自分には向いていない」と悩んでしまう人も少なくありません。

しかし、やはり不動産営業に限らず、営業の仕事は数字へのこだわりや根性が必要です。

自分が売り上げをあげるという熱意をアピールできれば、一目置かれる可能性があります。

あなたがなぜ不動産業界に転職したいのか、その理由を考えると、何か熱意が見えてくるのではないでしょうか。

なぜ不動産業界を選んだのか明確にする

熱意の項目と重複する部分はありますが、未経験なのに、なぜ不動産業界を選んだのか明確にしてみましょう。

何か理由があって、不動産業界に転職したいと考えているのではないでしょうか。

その理由を明確にすることで、熱意も伝わりやすくなり、志望動機として利用できます。

不動産を取り扱ってみたかったり、不動産の法律に興味があったり、どんな理由でもかまいません。

それがあなたのアピールできるポイントになるので、自己分析を深めて、不動産業界を選ぶに至った理由を明確にしていきましょう。

それによって面接でも話をスムーズに進められ、印象に残る人材となるのではないでしょうか。

実は就活や転職を進めるうえで、自分がどうしてそれを選んだのかという理由を明確にすることは非常に重要で、意外とできていない人も多いのです。

なぜその企業を選んだ明確にする

不動産業界は永久的に需要があるものなので、現在も不動産を扱う企業はかなりの数で存在します。

そのなかで、なぜあなたがその企業を選んだのか、その理由を明確にしましょう。

これは「どこの企業でも就職できれば良いので、とりあえず応募している」という人と差をつけるために必須事項といえます。

その企業を選んだ理由が明確であれば「早期離職しない」という安心感を企業に与えられ、高評価へとつながるでしょう。

「企業分析をきちんと行っている人で、自社に興味をもってくれているんだな」ということを採用担当者へ伝えるのが重要なのです。

その企業について、しっかりと理解を深めていることが伝われば、転職の成功率も高まることでしょう。

自分のスキル

もしも自分のスキルが不動産営業に活きるようであれば、それを利用するほかにありません。

前職が営業であった場合は、自分の営業成績や経験をしっかりアピールしましょう。

まずアピールしたい点を伝え、エピソードなどを交えて説得力を高めて伝えていきます。

企業側が一番重視しているのは、あなたが企業に入社した際に企業へ貢献できるかどうかです。

自分は営業スキルを持っていて、企業に貢献できるということをしっかりとアピールしましょう。

不動産営業が未経験であっても、基盤となる営業スキルをすでに持っている人材は育成の必要がなく、企業側も求めているはずです。

営業経験がもっともアピールできるスキルではありますが、それ以外でも不動産に関わるようなスキルを持っているのであれば、同様にアピールしていきましょう。

【不動産営業への未経験の志望動機】注意点

未経験で不動産営業に転職したいと考える理由は、人によってさまざまであると思いますが、注意するべきポイントは共通です。

注意点をしっかり押さえておいて、確実に転職を進められるように備えましょう。

企業側にとって、印象の良くない表現は基本的に避けましょう。

たとえばどのような表現があるのか、以下に紹介していきます。

また「その企業に入りたい」という熱意を伝えるためにも、他業界でも使える理由は避けるのが望ましいです。

稼ぎたいを言い換える

前職よりも待遇が良く、稼げる場所に転職したいと考えて、転職活動を進める人は多いです。

やはり稼げるかどうかは、仕事をするうえで、誰もが重視したいと考えている点です。

不動産営業の場合「稼ぎたい」という志望動機は、決して悪い動機ではありません。

なぜなら、不動産業界の多くの企業は歩合制を採用しているので、お金を稼ぐ熱意があるということは、仕事への熱意に直結するためです。

ただやはり「お金が欲しいので貴社を志望しました」というような表現は、企業への印象が良くありません。

このような表現は、どんな企業でも歓迎されないのは共通しています。

「自分の熱意が一番活かされる」「営業スキルを発揮でき、一番報われる」のような表現に言い変えることをおすすめします。

営業の仕事はやった分だけ自分に返ってくる仕事です。

そのため「稼ぎたい」という目標は非常に重要なのですが、言い換えることで直接的な表現を避けて伝え、マイナスイメージを与えることは避けましょう。

前職の待遇にマイナス表現をしない

転職を考える理由は人それぞれだと思いますが、前職の待遇をマイナス表現で伝えるのはおすすめしません。

たとえば「前職の給料が少なかった」「福利厚生が良くなかった」のような、待遇の悪さを言わないようにしましょう。

「自分の置かれた環境に対して、マイナスの感情を抱く人」と思われては、採用担当者からの印象は良くありません。

企業側はその理由を否定したいのではなく、それよりもあなたがどんなポテンシャルをもっているのかを重視したいと考えているはずです。

そのため、前職の待遇面を自ら話題に出すことは避けたほうが良いかもしれません。

逆に企業側から聞かれることがあれば、できるだけマイナス表現を避けつつ伝えられると良いでしょう。

他業界でも使えることを言わない

最初に説明した通り、他業界でも使えそうな理由は避けたほうがいいでしょう。

テンプレート的な表現は、何人も面接をしている面接官はすぐに見抜いてしまいます。

「私は住宅を通じて人々の幸福に貢献したい」のようなあいまいな表現は、マイナス評価につながります。

この場合は「なぜ人々の幸福に貢献するのが住宅でなければならないのか」を突き詰められていません。

もしもこの表現を利用する場合は、明確な理由も添えて答えられると良いでしょう。

しっかりとした根拠付けができるのであれば、こういった表現を用いることも悪くはありません。

ただし、同じような表現を用いる人がいる可能性も高いです。

ほかの応募者との差別化をはかるのであれば、違った表現を探すほうが良いでしょう。

【不動産営業への未経験の志望動機】おすすめの構成

志望動機を考える際におすすめの構成を紹介します。

結論から述べ、具体的な理由(経験)を語り、入社後どのように貢献するかという流れがもっとも良いでしょう。

具体的な理由に関しては、自身の経験をもとにして作ると説得力が増します。

これらを伝える際は、実際のエピソードを交えながら話せるのが望ましいです。

しかしエピソードを語る際は、あまり長くならないように気をつけましょう。

話が脱線してしまい、何を伝えたいのかわからなくなってしまう可能性があるからです。

結論を最初に述べるのは、質問に対する答えを最初に述べておくことで、話が脱線したときも、もとに戻しやすくする目的があります。

面接官からの質問には必ず答えを出す必要があるので、最初に結論を述べる方法は積極的に使っていきましょう。

【不動産営業への未経験の志望動機】例文

それでは不動産営業に未経験で転職する際の志望動機について、例文を紹介していきます。

アピールしたいポイントごとに例文を作成したので、自分に合ったものを参考にしてみてください。

アピールしたいポイントは、先ほど紹介した熱意のパターンと、前職のスキルを活かしたい場合の2パターンです。

前者は熱意を伝えることが目標なので、自分のことをありのままに話す勇気が必要です。

後者については、自分の経験とスキルを重点的にアピールすることとなります。

これにはあなたの経験したエピソードを交えることが必須です。

それによって説得力が飛躍的に向上して、非常に良い志望動機になると思います。

どちらの場合も構成の仕方は同じなので、難しく考えずに作成していきましょう。

熱意をアピールする例文

私は不動産によって、街の活性化に貢献していきたいという考えをもっています。

私は幼少期からこの街に住んでいて、いつか自分の力でこの街を活性化させたいと思っていました。

不動産業界は土地の良さを売り込める業界であり、住宅を可能な限り多く売り上げるのに加え、この街の良さをPRもできるのではないかと考えています。

よって、不動産業界の仕事を通して、自分の夢でもある街の活性化に貢献したいという目標があります。

私のもっている街に関する知識も仕事にも活かせるのではないでしょうか。

このような強い熱意で仕事に取り組むことで、貴社の売り上げを向上させることができると思います。

街の活性化に貢献したいという自らの目標達成と貴社の発展のために、未経験ではありますが、積極的に仕事をしていきたいです。

前職のスキルを活かす例文

私は前職でも営業の仕事をしていたので、営業のスキルに自信があります。

最初は1日に1桁回るだけで精一杯でしたが「売り上げを社内の上位にする」という目標を立て、そのための営業先の調査、訪問の順番やリスト分けをしっかり行いました。

その結果、1日で40件ほど営業先を回れるようになり、社内で一番の売り上げを出すことができ、表彰された経験があります。

営業の基盤はこれらの経験によって、しっかり身につけられていると自負しております。

このような前職での経験によって、貴社でも営業スキルを活かし、貢献していきたいです。

さらに前職のように売り上げにもこだわって地道に努力を重ね、貴社の売り上げ貢献にも力を入れていきたいです。

【不動産営業への未経験の志望動機】資格を取るのもおすすめ

もしも、あなたが確実に不動産業界への転職を進めたいのであれば、資格を取るのがおすすめです。

国家資格である通称「宅建」と呼ばれている、宅地建物取引士の資格を取得するのが良いでしょう。

不動産業界には、宅建士の雇用規定があるので、宅建を持っていると重宝されます。

合格率は15%ほどと難易度は高いですが、それに見合う待遇が保証されています。

この資格を持っているだけで、転職の成功率がかなり上がるはずです。

一からの勉強になると思うので、時間は必要になりますが、着実に転職を進めるのであれば、資格取得を考えてみるのも良いかもしれません。

不動産に関する知識も、資格を取るための勉強を通じて身についているはずなので、完全な未経験で始めるよりも、安心して働いていけるでしょう。

まとめ

未経験であっても、不動産業界に転職することは可能です。

あなたが今までに営業の仕事をしていたり、不動産関連の知識をもっていたりするのであれば、なお転職の成功率は高くなります。

もし、まったく経験がないという場合でも、不動産業界で活躍したいという熱意さえ見せられれば、企業が認めてくれるでしょう。

自分が企業にアピールできるポイントは何かを明確にして、面接の際は、それをしっかり伝えられるように備えておきましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます