営業職に楽な業界はある!見分ける特徴と4つの楽な業界を紹介!

営業職に楽な業界はある!見分ける特徴と4つの楽な業界を紹介!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

 はじめに

文系といえば営業職、というイメージがあるほど文系の学生に人気の高い営業職。

しかし、営業職はノルマが大変で休みが少ないというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

営業と一言でいってもさまざまな業界や業種があり、その大変さもさまざまです。

営業職に就きたいけれど、きついのは嫌だな、休みも少しは欲しいな、という学生に向けて楽な営業職の見分け方と業界について詳しくお伝えします。

この記事では「楽」の定義を「ワークライフバランスが整っている、残業が少ないこと、給与が安定している」としたうえで、比較的楽といわれている営業の業界を紹介していきます。

これから企業選定に入るという学生や、営業職に就きたいけれどどんな業界が自分にあっているのかわからないという方はぜひ役立ててみてください。

 

【楽な業界!営業職編】営業が楽な業界の特徴

営業といえば大変そうなイメージですが、楽な業界なんて本当に存在するのでしょうか。

ここでは、比較的楽といわれている業界の特徴について紹介します。

営業が楽な業界というのは、競合の有無、顧客の有無、営業方法から見分けることができます。

これらの条件がよければよいほど、いわゆるホワイトな仕事といえるでしょう。

これらのポイントに注目して企業について調べたり求人票を読んだりするところからはじめてみてください。

 

 競合他社が少ない

競合他社が少ない業界や、圧倒的に消費者から支持を得ている製品やサービスを取り扱っている企業は、比較的営業が楽だといえます。

なぜならライバルが少なく選択肢も多くないので、おのずと自社の製品やサービスを求める人が多くなるからです。

また、昔から取り引きしている企業がある場合はルート営業をすることになるので、お客さんとの関係構築をする負担が少なくなります。

一方で、薄利多売が求められるような業界や、競合の多い業界ではより営業力が必要となり、負担が大きくなる傾向にあります。

 

 顧客が定着している

黙っていても売れる商品を扱っていれば、営業の負担が少なく楽に仕事ができます。

また、毎月必要になるもの、定期的にメンテナンスが必要なもの、消耗品などを取り扱う業界であれば、毎回新規の顧客を獲得する必要がありません。

このように、ブランド力があり顧客が定着している、毎月継続的に売れるものを取り扱っている業界も、楽な業界の1つの特徴といえるでしょう。

 

 ルート営業である

営業職には、新規顧客を求めて新規開拓する営業と、既存顧客に対応するルート営業の2種類があります。

毎回飛び込みではじめて会う人のところへ訪問したり、電話をかけてアポイントを取ったりする新規開拓は、厳しい反応をされることも多く粘り強い努力が必要です。

一方で、すでに関係性ができているルート営業は、法人営業に多く取り入れられている手法です。

既存顧客を周り、アフターフォーローをしたり、追加注文を取ってきたりする営業がメインとなります。

 

【楽な業界!営業職編】営業が楽な業界

営業が楽な業界の特徴や見分けるポイントを理解したうえで、実際に具体的な業界を見ていきましょう。

これらの業界は、そのほかの業界に比べると、上記で述べた特徴やポイントに一致するような仕事内容となっています。

この中から、自分に興味のある業界やチャレンジしてみたい業界がないかチェックしてみましょう。

 

メーカー業界

営業が楽な業界の1つがメーカー業界です。

食品や自動車、化粧品、化学素材、電化製品など「〇〇メーカー」と呼ばれるような企業を指します。

一般的には製品や食品を取り扱っている有形商材がメインの営業です。

膨大な商品を取り扱っている商社などに比べると、取り扱う製品の数は限られていることから、業務量が比較的少ないといえるでしょう。

また売り上げが安定している商品を扱う企業も多く、すでに顧客が安定していること、ルート営業であることも魅力の1つといえます。

さらに営業スタイルは、個人よりチームで進めるスタイルが多く取られていることもあり、極端なノルマを一人で抱え込むこともありません。

また、営業を商社に任せられる場合があり、他業種の営業と比べると業務が落ち着いているといえるでしょう。

食品メーカー

食品は、人々の生活になくてはならない重要なものであるため、比較的営業が楽な分野であることで知られています。

すでにブランド力や主力商品を持っている企業も多く、売りやすい商材であるといえるでしょう。

また、食品の分野によっては、競合他社が少なく消費者を独占しているものなどもあり、固定顧客がすでについている場合が多くあります。

すでに決まっている主要な取引先をまわり、継続して注文をもらうこと、実際の商品の売れ行きや売り場の様子を確認すること、追加で新商品のアピールをすること、キャンペーンの実施を提案することなどが主な営業内容となります。

また、商社があいだに入り、営業の業務の一部を肩代わりしてくれることもあります。

 

 化学素材メーカー

化学素材の営業では、鉄鋼、ガラス、プラスチック、樹脂などが商材となります。

これらの素材というのは、さまざまな製品を作るために必要なものです。

そのため、何十年という長い期間において付き合いを続けている取引先も多く、営業の負担は軽い方であるといえます。

特に、最近業績を伸ばしている自動車メーカーや半導体メーカーを取引先にしている企業であれば、よりニーズが大きいため営業もやりやすいはずです。

また、シーズンごとに新商品が出る食品や自動車に比べても、新商品が少なく、新規獲得の営業はそう多くありません。

品質も比較的安定していることからクレームが少ないという点も魅力の1つといえるでしょう。

 

自動車メーカー

自動車メーカーの営業というと、車を販売している店舗を思い浮かべる方が多いかもしれません。

車を販売しているのはカーディーラーで、自動車メーカーとは別物です。

自動車メーカーの営業の仕事は、販売店であるカーディーラーとやり取りをすることであり、個人の消費者を相手に営業活動をすることではありません。

カーディーラーに向けて、販売促進のためのアドバイスをしたり、資料を提供したりするのが主な仕事内容となります。

そのほかにも、企業や公の機関を相手に、大口取引の対応をすることも自動車メーカーの営業の仕事です。

このように個人の顧客ではなく、ディーラーや法人を顧客としているため、ノルマなどの負担がほとんどなく比較的働きやすいといえるでしょう。

特に車や機械が好き、そのブランドにこだわりがあるという人にはおすすめしたい職種です。

 

インフラ業界

電気・ガス・鉄道・通信などのインフラ業界も、生活になくては困るものばかりです。

比較的営業は楽であるといえるでしょう。

また、これらの分野は競合が少なく、会社や地域によっては圧倒的なシェアを獲得している場合もあります。

また、人間の生活に必ず必要なものが商材となっているため、強気の営業ができるのはメリットです。

一方で、ほかの業界に比べると古くからの体制が残っている会社が多いため中途採用が少ないというデメリットもあります。

だからこそ、これらの業界を狙っている人は、新卒のうちにチャレンジするのがおすすめです。

ここでは、例として電力会社とガス会社についてさらに詳しく説明します。

 

電力会社

電力会社の営業では、工場やビルの管理をしている企業や法人に向けた電力プランの提案がメインの仕事です。

ほかにも、より節電につながる設備の技術や、空調やキッチンなどの設備を電化するための営業などがあります。

さらに最近では、ソーラーパネルを設置し太陽光発電を利用する方も増えてきました。

このように、電力の取り扱いに関してだけでなく、その電力の利用についても営業の範囲となります。

最近では、電気の自由化にともなって競合が増えてきているため、自社で発電所を持っている大手の企業の方が比較的営業が楽といえるでしょう。

なくなることのないエネルギーであることから、将来的にも安定度の高い業界となっています。

 

ガス会社

ガス会社の営業には、個人の顧客に提案をする家庭用営業と、企業や法人に向けて提案をする業務用の2つに分かれます。

中・大手のガス会社では、個人向けの営業は外注しているので、外注先とのやり取りや工場系など大手顧客とのやり取りがメインの仕事内容となります。

たとえば、利用プランを提案したり、新たな技術をアピールしたりすることが求められます。

都市ガスの主要企業としては、東京ガス・大阪ガス・東邦ガス・西部ガスこれらの4社があげられます。

これらは、4大ガス会社とも呼ばれており、圧倒的なシェア率を誇っていることから、将来的にも安定している企業といえるでしょう。

2017年にはじまった都市ガス自由化の影響もあり、新規参入が増え競合が多くなってきました。

固定客がすでに多いという観点から見ると、シェアのより大きなガス会社の方がおすすめです。

 

【楽な業界!営業職編】楽な営業に従事するメリット・デメリット

どんな仕事にもメリットだけでなくデメリットがあります。

それぞれを事前に知っておくことで、仕事をはじめた時にこんなはずではなかった、想像していたのと違ったというミスマッチを防ぐことができるでしょう。

 

楽な営業に従事するメリット

比較的楽といわれる営業の仕事に就くメリットは、何よりもライフワークバランスを取れるということです。

過度な残業が少なく、休日には趣味や自分の勉強にしっかり時間を取ることができます。

特に家族ができてからは、子どもとの時間や家族の時間を大切にできるというメリットもあります。

また、法人を顧客とした営業では、個人での営業成績を求められるというよりは、チームでの成績重視となっています。

ノルマに追い詰められて精神的に不安定になってしまうことも避けられるでしょう。

特に、現代病ともいわれるストレスが原因の不眠や自律神経失調症などは、一度体調を崩してしまうと、なかなか回復するまでに時間がかかってしまいます。

心と体のバランスを重視して働けるというのは、大きなメリットといえるでしょう。

 

楽な営業に従事するデメリット

ここまでは、楽な営業と呼ばれる仕事のメリットばかりをあげてきましたが、どんな仕事にもデメリットはつきものです。

まずデメリットとしてあげられるのが、営業としてのスキルがつきにくいということです。

既存の顧客ばかりをまわっている場合には、どうしても商品を売り込む力、成約獲得までこぎつける力がつきません。

現代では、1つの会社に新卒から定年退職までいるということが少なく、転職することが当たり前の時代になりました。

自分がいざ転職をするとなった時に、営業で学んだことや成約の成績は大きなアピールポイントになることでしょう。

また、比較的きついと呼ばれる営業は、ほとんどの場合で成果報酬制を取り入れています。

つまり、基本給はそこまで高くないものの、結果を出せば出すだけ、報酬に反映されるというシステムです。

楽な営業と比べると、自分の努力がしっかりと目に見える形で返ってくるため、高いモチベーションを持って働くことができるでしょう。

 

【楽な業界!営業職編】楽な業界に就職する方法

楽といわれる業界に就職したいという場合、どのようにして仕事先を見つけるのがよいのでしょうか。

自分自身で求人サイトを使って探す人や、大学に来た求人票をもとに探す人が多いかもしれません。

しかし、業界のことについて知識がないうえに、社会人の経験もないとなると、膨大な営業職の求人から、自分自身で理想の会社を絞り込むのは難しいといえるでしょう。

そんな時にぜひ活用してもらいたい2つの方法を紹介します。

 

就職エージェントを利用する

自分一人では不安な方や、会社選びで失敗したくないという就活生におすすめしたいのが就活エージェントを利用することです。

「ジョブコミット」というエージェントは、本当に信頼できる人材紹介会社として1位にランクインするなど、圧倒的な人気を集めています。

企業選びから、準備、面接対策など内定までを就活のプロがしっかりサポートしてくれるため安心です。

法人営業の経験者や、元トップセールスマンなどが専任エージェントとして在籍しているため、営業について気になることや業界についても具体的なアドバイスをもらうことができるでしょう。

 

逆求人サイトを利用する

就職エージェントと併用して活用したいのが逆求人サイトです。

自分の幼少期からの出来事やアピールポイントなどを入力したプロフィールを登録しておくと、それらに興味を持った企業からオファーが届くシステムです。

2022年度の登録学生数は17万人以上を突破していて、新たな就活のスタンダードとなりつつあります。

これらを上手に利用することで、営業の中でも楽な業界からきたオファーに狙いを定めて、効率的に就活を進めることができるでしょう。

 

【楽な業界!営業職編】逆に営業がきつい業界も見てみよう

どんな仕事にもメリットやデメリットがあることがわかりましたね。

それでは、ここで逆に営業が大変・きついといわれる業界についてもみてみましょう。

たとえば、ノルマがきつくて大変というデメリットも、メリットとしては成績に応じたフェアな評価をもらえるということもできます。

デメリットばかりではなく、メリットにも目を向けながらそれぞれの業界についてみていきましょう。

 

広告・メディア

テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などのマスメディアと、広告を出したいという人をつなぐのが、一般的な仕事の内容です。

また、自社で媒体を持っているメディアでは、それらに広告を出してくれる人を探す営業の場合もあります。

ここ最近では、特にWeb上の広告費が年々増えており、まだまだ市場が拡大していきそうです。

一見華やかに見える業界ですが、やり取りをする相手が多く、それぞれの顧客に合わせたまったく異なる営業方法が必要とされます。

また、自社で媒体を持っているメディアでは、それらに広告を出してくれる人を探す営業という場合もあります。

 

IT

ITの分野での営業では、自社開発のソフトウェアやWebを利用したマーケティングサービスの営業が主な仕事としてあげられます。

顧客とのコミュニケーションはもちろん、社内のエンジニアやプログラマーなど技術職との調整もしなければなりません。

特にIT業界は競合他社が多く、ベンチャー企業などの新規参入の企業も増えているため、顧客の新規開拓が不可欠といえるでしょう。

 

 不動産

不動産営業と一言でいっても、マンションなどの不動産売買、賃貸物件に関する営業、不動産や土地の買い取りに関する営業など、さまざまな内容があります。

ほかにも、マンションやビルのオーナーに向けた管理に関する営業など、人と人とを結びつける営業となります。

業界の傾向としては、ノルマが厳しいともいわれていますが、成績や成約数が給料にそのまま反映されるため、頑張りが報酬に直結しやすい業界といえるでしょう。

 

 保険

保険営業は、生命保険、車や自然災害のための損害保険、がんや介護に関する医療保険の3種類に分けられます。

不動産と同様にノルマが厳しいことで知られており、電話営業や飛び込み営業をする場合もあるでしょう。

保険は、それぞれの顧客のライフプランに関わる個人的なものでもあるため、十分に信頼関係を構築することがとても大切です。

また、学んだ保険や資産運用の知識が身につくというメリットもあります。

 

【楽な業界!営業職編】楽さだけで就職することは危険

今回は楽という言葉を使ってさまざまな業界の営業職について説明をしてきました。

しかし、楽といっても、「ワークライフバランスが整っている、残業が少ないこと、給与が安定している」という定義において利用していることを忘れないようにしてください。

決して、楽をしたいという気持ちだけを前面に押し出して就活しないようにすることが大切です。

そして、どんな業界の営業も辛いことや大変なこと、デメリットはあります。

むしろ、営業だけに関わらず、どんな仕事にも大変な面はあるということを忘れないようにしましょう。

 

企業は楽したいだけの人材はいらない

就職活動において、もしあなたが採用者の立場だったら、どのような人材を欲しいと思うでしょうか。

向上心を持って業務に取り組み、会社に貢献してくれそうな学生を選びたいですよね?

楽したいと考えている学生には、お金をかけて投資したいとは思わないはずです。

しかし、ライフワークバランスを安定させたい、仕事を熱心に取り組んだうえで、プライベートの時間や家族との時間も大切にしたいということは、とても大切なことです。

これらを楽という言葉だけで表してしまうと、誤解につながる恐れがあります。

自分の理想とする働き方を明確にしたうえで、ライフワークバランスの実現、仕事の効率化など具体的な言葉を使って表現するのがよいでしょう。

 

どんな仕事にも辛いことはある

営業の仕事だけではなく、どんな仕事にも辛いことや大変なことはあります。

今回は、営業ならではの苦労として、ノルマが大変であることや、成績が求められるということを例にあげました。

しかし、どんな仕事でも、時納得のいかない理由で苦労を強いられたり、規定内の時間を超えて取り組む必要があったり、人間関係に苦労したりとさまざまなことが起こるでしょう。

そもそもそれがお金を稼ぐということでもあるからです。

だからこそ、大変な時も目標のために頑張れる、やりがいを感じられる、自分に向いていると感じる仕事を選ぶことがとても重要になります。

そのためにも、業界選びや職種選びの際に、しっかりと企業研究や業界研究に取り組み、本当に自分の興味がある分野なのか、自分に適性があるかなどについて考慮するようにしましょう。

長期インターンなどを利用しながら、実際に現場で働いてみるのも1つの方法です。

 

【楽な業界!営業職編】文系には営業職以外の仕事もある

文系といえば営業職が定番といえますが、実はそのほかにもさまざまな仕事があります。

大学で勉強したことを100%職業と結びつける必要はありません。

新しい分野にチャレンジしてもよいですし、一度フラットな視線からさまざまな職種について理解を深めてみてはいかがでしょうか。

そうすることで、さまざまな仕事がある中で、本当に営業という仕事をやりたいのかということを確かめることにもつながります。

 

事務

事務職も、営業とならんで文系の学生に人気の高い職業の1つです。

データの入力や、資料の作成、来客の対応、電話対応などの業務を担当します。

業務の幅は広くさまざまな仕事を広範囲で行う一方、残業などが発生しにくく定時で帰ることができると、ライフワークバランスを重視する人から高い人気を集めています。

また、営業と違ってノルマがないため、そういった意味では比較的楽な仕事ともいえるでしょう。

 

エンジニア・SE

エンジニアやSEといった仕事は理系学生のものと思っている人がいるかもしれませんが、文系の学生でももちろんチャレンジできます。

エンジニアリングに関する知識を身につけるまでが大変ではありますが、リモートワークを中心とした自由な働き方ができると人気を集めています。

特にに、近年ではIT業界ではエンジニア不足が問題になっており、未経験でも学びながら働けるというケースもあります。

これらの分野に興味のある人は、学生で時間のあるうちから準備をはじめておくとよいでしょう。

 

公務員

ほかにも、文系理系を問わずに目指すことができるのが公務員です。

特に法学部や経済学部の学生であれは、出題範囲が勉強していることともリンクしているため比較的対策がしやすいといえるでしょう。

試験勉強は大変で合格するのは簡単ではありませんが、安定した人気の高い仕事です。

ほかの企業に比べると、定時で帰れること、福利厚生にも恵まれていることなどがメリットとしてあげられます。

試験勉強に費やす時間が必要なので、早いうちから目標を定めて準備に取り組むことが大切です。

 

 まとめ

今回は、文系の学生に人気の営業職、特にその楽さに焦点をあててご紹介しました。

楽さと一言でいっても、人それぞれの能力が違うため、楽と感じることもさまざまです。

仕事をするのは楽なことばかりではないという前提のもと、それでもやりがいを感じてモチベーションを持って取り組める仕事、または自分の理想とするライフスタイルに適している仕事を選ぶことが大切です。

今一度、自分にとって大切なことを考えてみるとよいでしょう。

やりがい、趣味に使う時間、報酬などそれらは人によってさまざまなはずです。

これらを考慮しながら、就活活動を成功させ、自分が納得してイキイキと働ける場所を見つけてくださいね。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます