【求人広告営業への転職】求人広告の営業はきつい?仕事内容ややりがいをまとめて解説

【求人広告営業への転職】求人広告の営業はきつい?仕事内容ややりがいをまとめて解説

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

少子化による人材不足で企業の多くが人材確保を課題に抱えている一方で、早期離職が多いニュースや仕事が見つからないと嘆く人たちの姿を見ていて、企業と求職者をマッチングする人材業界の営業を志す方は少なくありません。

人材業界の営業にもさまざまなジャンルがあり、求人広告の営業という選択肢もあります。

仕事内容やほかの人材業界の営業職との違い、仕事内容やメリット・デメリットを中心に求人広告営業への転職がおすすめな理由を解説していきます。

【求人広告営業】求人広告とは?

世の中に「営業」と名のつく職種は数多くあれど、その商材にはさまざまな種類が存在します。

基本的に、人材業界においてもそれは同じです。

企業によって扱うものは多岐にわたり、その1つが求人広告になります。

たしかに、求職中はよく目にする求人広告ですが、一体どのような企業が作成しているのでしょうか。

ここでは、そんな求人広告会社について、どんな存在であるかを紹介しています。

ぜひこれを参考にして、求人広告業界への転職を検討してみてください。

企業の採用活動を広告でサポートする仕事

求人広告会社は、企業の採用活動を広告でサポートする会社です。

代表的な会社として、有料の求人広告としてリクナビNEXT・マイナビ転職をはじめ、掲載料が無料で利用可能なIndeed、アルバイトのバイトルやタウンワークなどがあります。

媒体はWebと紙がメインですが、近年はWebサービスやスマホアプリなどに重点が移ってきました。

紙媒体としては有料の求人誌に加えて、無料のフリーペーパーをはじめ、地方限定の広報誌や新聞広告などへの出稿をサポートする会社もあります。

収益源は掲載料の獲得をはじめ、掲載は無料の代わりに人材が採用できた際に成功報酬を受け取るなどで、求職者からは利用料をもらわないのが基本です。

「直販」と「代理店」の2種類

求人広告を取り扱っている会社は、メーカーが運営する直販のものと、メーカーと顧客とを仲介する代理店とがあります。

両者には、扱っている媒体やそれぞれのメリットおよびデメリットなど、さまざまな違いがあるのです。

直販の場合、主に大手企業や知名度のある有名な求人広告メーカーが、自社媒体を取り扱っています。

自社のサイトや雑誌など、1つの企業内で受注から広告制作、掲載までを完結させることができ、スピードも速いという傾向が強いです。

代理店の場合、さまざまなメーカーとの仲介を行っているため、取り扱っている媒体の種類が豊富にあります。

入社後、顧客に対しどんなアプローチをしたいかによって、どちらのタイプを選んだら良いかが変わってくるでしょう。

【求人広告営業】求人広告の営業の仕事内容

求人広告の営業の仕事内容は、採用に課題を抱えている企業に対する法人営業です。

求人広告の営業は、Webや紙などの媒体に求人広告を掲載したい企業の対応窓口となるとともに、他社やほかの媒体を利用している企業への営業、新規で求人を募集する企業の獲得などが挙げられます。

主な仕事の流れは、営業先のリストアップ、営業先のリストアップ、アポイントの取得、商談、アフターフォローです。

順を追って仕事内容を見ていきましょう。

営業先のリストアップ

求人広告はあらゆる業界や職種をオールマイティーに扱っている会社をはじめ、介護職、薬剤師、医師などの専門職に限定したり、IT系、土木系など業界を特定したり、正社員、派遣社員、アルバイトなど雇用形態ごとに特化しているケースもあります。

少人数運営の地方の求人広告会社を除けば、営業ごとに担当する業界や職種、地域などを分担して担当するのが一般的です。

担当分野に合わせて、営業先のリストアップを行っていきます。

アポイントの取得

地域や業種などを設定して会社データやビジネス向けの電話帳、必要に応じて専門業者から条件に合った企業のリストを購入し、ターゲットとなりうる企業をリサーチしたら、電話やメール、FAXなどで営業をかけていきます。

企業側から問い合わせフォームや電話で問い合わせがあった件も含め、より詳しく説明をするためのアポイントを取得します。

求人ニーズは多くの企業にありますが、コストなどを気にして敬遠されることも多いため、アポイント獲得のためには、企業が抱えている問題を引き出すことや自社のアピールポイントに魅力を感じてもらえる営業トークが欠かせません。

商談

最近はオンライン商談を行うこともありますが、基本は企業や店舗に訪問して行います。

単に求人掲載について話し合うのではなく、その前提となる採用課題や採用計画など、採用状況について詳しくヒアリングを行い、企業が抱えている課題をもとに求人広告の媒体や内容を提案していくスタイルが基本です。

そのため、今は求人ニーズはないという企業でも、潜在的な課題に気付いて、より有能な人材を確保したいと考えて契約に至るなど、商談次第で成果が目指せます。

契約に至れば、求人広告の内容や採用までのプロセスや掲載期間などを確認し、よりスムーズにマッチする人材が得られるよう、広告内容のアドバイスなどを行います。

アフターフォロー

求人を公開した後のアフターフォローも欠かせません。

応募や面接が順調に行われているかや、クライアントの採用課題が解決されているかヒアリングを行い、必要に応じたアドバイスを行うことが大切です。

求人広告サイトなどを使った募集に慣れていない企業もあるため、応募者が出るたびにきめ細やかなフォローが必要になるケースもあります。

求人広告は掲載期間が決まっているため、アップセーリング(契約更新)を行うためにも定期的なフォローがポイントになります。

期間内に応募者がいなかったような場合、企業側が不満を抱く原因になるため、信頼を失わないためにも、適宜、丁寧なフォローを行っておかないと打ち切りになり、その後は他社に流れてしまうかもしれません。

そうならないようアフターフォローやアップセーリングが重要です。

【求人営業広告】求人広告営業のきついところ

人と企業とを結ぶお手伝いができる求人広告営業は、とてもやりがいのある仕事です。

しかしながら、営業職という職種上、どうしてもきつく感じがちな部分もあります。

一方で、こういった苦境をものともせずに努力できるような人であれば、求人広告会社の営業職として、大きな成功をおさめる可能性もあります。

まずは、この仕事が自分に合っているのかを確認することが必要です。

求人広告営業のきついところを知って、自分に向いている仕事かどうかをチェックしてみましょう。

激務になりやすい

求人広告営業のデメリットの一つが、激務になりやすいことです。

もっとも、これは求人広告営業に限らず、営業職全般にいえることです。

ノルマが課されるため、月内など一定の期間でノルマをクリアするために激務に陥りやすくなります。

特にアルバイト系の求人広告は、1件あたりの単価が低くなるため薄利多売になりやすく、激務に陥りがちなので、求人広告営業に転職する際は雇用形態やジャンルなども確認しましょう。

飲食店などサービス系の業種が多い場合は、商談の時間や電話対応の時間が営業時間外や遅めの昼休憩に限定されるなど、自社の業務時間と合わないことも多く、残業が発生することや休憩時間が取りにくくなります。

もちろん、すべての会社が激務とは限らず、大手企業と安定的に求人広告の案件を受注しているケースなどは比較的楽です。

離職率が高い

求人広告営業のデメリットとして、離職率が高い点も見逃せません。

新卒入社の営業職の8割近くが、3年以内に離職しています。

もっとも、これは新卒の場合の離職率の高さです。

新卒はそもそも求人、求職とそのマッチングの大変さを知らずに志望しているケースも少なくありません。

自分が就活をしてなかなか内定を得られず、初めて求人の世界の大変さを知ることもあります。

社会人経験がないまったくの未経験だからこそ、想像していたのと違ったと離職してしまう人は多いのです。

一方、転職する方は、求人を出してもなかなか見つからない企業側の事情も、思ったような就職や転職は難しいという転職者の状況も理解しているので、だからこそ人材業界に転職したいと考えたはずです。

新卒とは考え方もモチベーションも異なるため、経験を活かして転職しやすく、早期離職のリスクも低くなります。

成功率が低い

求人広告営業のきついところは、その成功率の低さにもあります。

営業をかける相手は、すでに広告を受注した相手である場合もありますが、常にそうであるとは限りません。

より販路や事業規模を広げていくために、新規で顧客を獲得していく必要があります。

しかし、求人広告の営業に限らず、新規顧客の獲得を目指して飛び込みで営業をかけようとすると、断られてしまうことがほとんどです。

そのうえ、大抵の場合は営業マンにノルマが設定されています。

なかなか新規顧客を獲得できないことが影響し、ノルマの達成がままならず、ときには強いプレッシャーとなることすらあるのです。

失敗してもめげることなく反省すべき点を考え、アプローチの仕方を改善して、努力を続けられる強さが求められます。

【求人広告営業】求人広告営業のやりがい

どんな仕事であれ、きついことや苦しいことばかりではありません。

求人広告営業であっても、それは同様です。

営業という立場で顧客と直接やり取りをする分、感謝の気持ちを述べられる機会もあります。

そうした場合や、難しい案件を成功させた際の達成感はひとしおでしょう。

また、この仕事を続けることで身につけられる知識やスキルもさまざまです。

そんな、求人広告営業のやりがいについて紹介します。

これを読んで「求人広告営業をやってみたい」と感じたら、ぜひチャレンジしてみてください。

無形商材の法人営業で高い営業力が身につく

求人広告営業のメリットは、無形商材の法人営業で高い営業力が身につくことです。

求人広告営業は形ある商品を営業販売するのではなく、無形商材であること、かつ個人営業ではなく法人営業である点で、論理力やプレゼン力が求められます。

厳選した人材を紹介する、求職者の就職や転職をサポートするなど、求職者と直接関わるほかの人材業界の営業に比べると、求職者の質やレベルに頼らない分、楽でもあり大変な側面もあります。

無形商材の法人営業は営業形態の中でも、難しい営業とされているため、2~3年経験を積めば転職市場でも評価されやすくなるのもメリットです。

もちろん、次の転職前提に転職に踏み切るのが前提ではありませんが、求人広告営業をステップに、より高収入が得られる別の営業職に転職しやすくなるのもメリットの一つです。

成長業界である

求人広告営業のメリットは、成長業界であることです。

転職するからには、将来性が期待できなくては安定して働いていくことができません。

中でも、Web広告業界の成長は著しいものがあり、今やほとんどの求職者がWebを使って仕事を探し、求人を出す側もWeb広告を重視しています。

また、「2025年問題」も叫ばれる中、人手不足に悩まされる企業が増えているため、人材業界は全体的に好調です。

少子化だからこの先、求職者が減るかもと不安視する向きもありますが、求人広告は少子化で人出不足で悩まされる企業が求職者を求めて広告を出す業界なので、ますます需要があるといえます。

より詳しい内容は以下の記事をご確認ください。

顧客に貢献できたときにやりがいを感じられる

求人広告会社における営業の仕事は、単に商品を売ることではありません。

求人広告営業の目的は、顧客となる企業の採用に関する課題を解決することです。

そのため、一種のマネジメントやコンサルティングのような業務も内包しており、広告制作チームとの調整など仕事の種類も多くなります。

その分、仕事がうまくいき、顧客に大きく貢献できたときは、大きな達成感ややりがいを得られます。

また、求人広告業界は成果主義の傾向が強いです。

そのため、結果を出すことでインセンティブが支給されることもあります。

給与という目に見える形で自分の頑張りが反映されるため、その後のモチベーションにもつながるところも利点です。

社内外からの評価を獲得することで、次の仕事へのやる気が出るという、良い循環になります。

【求人広告営業】求人広告の営業に向いている人の特徴

ここまで求人広告の営業のメリットやデメリットを見てきました。

それでは求人広告の営業に向いているのはどんな人なのでしょうか。

向いている人の特徴と理由を紹介します。

相手の意図を汲み取れる

顧客が求める求人広告を作るためには顧客がどんなものを求めているのかを正しく汲み取る必要があります。

相手からうまく話を引き出すためにはヒアリング力が求められます。

また顧客のニーズを聞き出すことができたら、今度はそれを広告制作に携わるメンバーにも正しく伝えル必要があります。

そのため、求人広告の営業には高いコミュニケーション能力も求められます。

分析力がある

営業の仕事の目的は顧客が抱える課題を解決することです。

しかし、顧客が抱えているのは表層的な課題だけでなく深層的な課題である場合も多いです。

顧客自身もその課題に気付いていないこともあります。

顧客の深層課題を発見し解決するためには、課題を見つけられる分析力が必要になります。

そうすることで顧客満足度の高い営業ができるようになるでしょう。

論理的思考ができる

営業で契約を結んでもらうためには、顧客に自社の商品やサービスの魅力を伝えなければなりません。

そのためには、具体的な数字を使って論理的に説明することが求められます。

論理的に考えることやそれを相手に伝えるプレゼン力がある人は求人広告の営業に向いていると言えるでしょう。

対応力がある

求人広告の営業は相手の都合に合わせて動くため、基本的に外回りが多くなります。

時には顧客の急な要望にも、臨機応変に対応しなければならない場面もあります。

そのため、求人広告の営業には柔軟な対応力も求められます。

顧客のことを考え適切な対応ができる人は、相手からも頼られる良い営業ができるようになります。

メンタルが強い

求人広告の営業は、新規営業が多いです。

そのため営業先から冷たく対応されたり、時には怒られたりすることもあります。

その度に落ち込んで、いつまでも引きずっていては仕事になりません。

新規営業が多い営業職ではメンタルの強さや切り替えの上手さが必要になります。

【求人広告営業】求人広告の営業に求められるスキルや経験

求人広告営業への転職を考える際、重要なのは求められるスキルです。

仕事を有利に進められるようなスキルや経験があらかじめ身についているならば、選考でも有利になります。

必要なのは、業界に関する知識や法人を相手に営業を行うためのスキルなどです。

ここでは、そんな求人広告の営業に求められるスキルや経験を紹介します。

前職で営業の経験がある場合は、そこで培ったスキルや経験、知識を活かして転職活動を行うと良いでしょう。

業界や広告に関する知識

営業として売り込みをかけるならば、商材については熟知していたいところです。

求人広告営業の場合、それは広告や種々の業界に対する知識となります。

求人広告の営業は、顧客の業種によって非常にさまざまな業界と関わる機会が多いです。

そのため、今まで携わった仕事の知識も役に立つ可能性が大いにあります。

そのうえで、特に広告に関する知識が長けていれば、顧客の業種に合わせて有効な広告を提案できる可能性が高いです。

広告には多種多様な種類があるうえ、媒体によって主に見ている層が異なるなどの特徴があります。

多くの選択肢の中から顧客に最適なプランを選ぶためには、やはり知識がモノを言うのです。

そのようなスキルや知識をもっていれば企業から重宝されるため、転職でも有利に働きます。

法人営業をした経験

求人広告の営業が相手にするのは、一般の消費者ではなく、企業などの法人です。

法人相手の営業は、消費者に対する営業とは勝手が異なります。

そのため、すでに前職で法人営業の経験があるような人は、選考において有利です。

しかし、単に「経験がある」というだけでは、あまり意味がありません。

法人を相手に仕事をするからこそ、入社後も数字や具体例を用いたデータにもとづく説明をできる必要があります。

そのため、履歴書やESを書く際や面接の質疑応答において、自分のこれまでの実績を具体的な数値で提示できるようにまとめておきましょう。

きちんと実績を示して自己PRすることで、自分が法人相手でも充分に営業として働けるという自信が伝わり、説得力を増してくれます。

【求人広告営業】求人広告営業を経験した人のキャリアパス

求人広告営業はタフさも必要であり、若いうちしか務まらないと感じている方もいるかもしれません。

求人広告営業をキャリアにして、次のステップも模索している方もいることでしょう。

求人広告営業を経験した人のキャリアパスとしては、ほかの業界の法人営業、キャリアアドバイザー、企業の人事職が考えられます。

ほかの業界の法人営業

求人広告営業を経験した人のキャリアパスの一つが、ほかの業界の法人営業です。

求人広告営業は無形商材の営業なので、高度な提案力やプレゼン力、営業力が求められるので、求人広告営業で一定の成果や実績を出していれば、ほかの業界でも評価されます。

IT系の法人営業に転職したり、メーカーの法人営業に転職したり、キャリアは拓かれています。

転職後の給料や待遇、働く環境に満足できない場合など、キャリアを積んで次に進んでみるのもありです。

キャリアアドバイザー

求人広告営業を経験した人のキャリアパスとして、人気なのがキャリアアドバイザーです。

ほかの人材業界の一つである、人材紹介会社のキャリアアドバイザーとなって、求職者の支援を行うのが主な仕事です。

企業の採用側の状況を知っているからこそのアドバイスなど、求人広告で得られる知見を活かすことができます。

企業側の出方などもわかるので、的を射たフォローができ、求職者からも人材紹介会社からも信頼を得られます。

企業の人事職

求人広告営業を経験した人のキャリアパスとして、ほかの企業の人事職への転職もよくあるケースです。

求人広告営業を通じて、多彩な企業の人事担当者と面談をすることや業務のサポートなどをしていく中で、求人の出し方や人材業界の利用の仕方などのノウハウも身につきます。

業務を通じて雇用に関わる法令などの専門知識も身につくため、こうした知見や経験を活かし、ほかの企業の人事担当になるという選択肢もあります。

【求人広告営業】求人広告営業への転職を成功させるには?

求人広告営業への転職を成功させるには、メリットが発揮され、デメリットが避けられる会社への転職がポイントです。

良い求人広告会社を見極めることが、激務を避けて、心身の体調を崩しての早期離職を避けるうえでは大切になります。

どのようにすれば見極められるかは、自分の限られた業界の知識で判断するより、プロである転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職エージェントに相談しよう

求人広告営業への転職を成功させたいなら、転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは転職のプロであり、各業界や職種の知識を持ち、会社選びで失敗しないためのノウハウや求人企業と求職者のマッチ度を判断して、最適な会社を紹介する能力に長けています。

もっとも、転職エージェントも多様なため、どこに相談すれば良いのか、依頼すれば良いのか迷うかもしれません。

代表的な転職エージェントの特徴をご紹介します。

たとえば、リクルートエージェントは求人数が多く、待遇など細かい条件を挙げてもマッチする企業が見つかりやすく、求人数が多い分、短期間での転職が実現可能です。

ビズリーチは高収入に強みがありますが、その分、転職希望者のほうにもスキルや経験などの高い能力が求められます。

この点、ベンチャーセールスなら、さまざまな企業の営業職を比較検討してサポートすることが可能です。

求人広告の営業への転職ならベンチャーセールスを検討してみましょう。

【求人広告営業】まとめ

求人広告は企業の採用活動を広告でサポートする会社であり、求人広告の営業の仕事内容は採用に課題を抱えている企業に対する法人営業です。

求人広告営業のメリットは、無形商材の法人営業で高い営業力が身につくこと、成長業界であることです。

一方、求人広告営業のデメリットは、激務になりやすく、離職率が高いことになります。

求人広告営業を経験した人のキャリアパスとして、ほかの業界の法人営業、キャリアアドバイザー、企業の人事職が挙げられます。

求人広告営業への転職を成功させるには、デメリットを避けるためにも、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます