営業のネクタイはどう選ぶ?営業マンにオススメの色と柄をシチュエーション別に解説!

営業のネクタイはどう選ぶ?営業マンにオススメの色と柄をシチュエーション別に解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

営業といえばスーツですが、スーツに欠かせないアイテムがネクタイです。

そもそも営業がネクタイをする理由は、フォーマルな感じや清潔感をアップさせられるからです。

ネクタイをするだけで、簡単に営業としてのレベルをあげられるといえるでしょう。

しかしネクタイの種類はあまりにも多いものです。

営業としてはどのようなビジネスシーンで、どのような組み合わせにすればよいかという悩みは尽きないでしょう。

ここでは営業におすすめの色と柄を、シチュエーション別に紹介します。

またネクタイの結び方についてもまとめていますので、ぜひとも最後まで目を通してみてください。

ネクタイの選び方

ネクタイはそれ単体で選べばよいものではなく、スーツとシャツの組み合わせで選ぶ必要があります。

ただ営業で着用するシャツは白がほとんどです。

営業のシャツとして白がよい理由は2点あります。

1つは誠実さやフレッシュさを相手に感じてもらえる点、もう1つはどのような人からも好感をもたれやすい点です。

そして白いシャツはどんなネクタイとも、よくマッチします。

そのためネクタイ選びは、スーツとのコーディネートを意識しておけばよいといえるでしょう。

またスーツは黒や紺、グレーといったダークな色がベースになります。

コーディネートとはいうものの、組み合わせはそこまで複雑ではありません。

まずは基本色である「ワインレッド」と「ブルー」を、一本ずつそろえておくのがよいでしょう。

基本的なスーツの色であれば、どのような色のジャケットともマッチしてくれますし、1年中使用できます。

また営業マンの第一歩は見た目を整えることなので、ネクタイを購入する際、安価な商品は避けるのがベターです。

汚れやしわがつきやすいため、見た目にもはっきり安いネクタイであるとバレてしまうでしょう。

ネクタイの柄の種類

ネクタイの選び方で大切になってくる視点の1つは「柄」です。

せっかくスーツに合う色のネクタイにしたとしても、問題が起こる可能性もあります。

「似合っているから」「気に入ったから」という理由だけで柄を選び、失敗してしまっては意味がないでしょう。

ここではビジネスシーンで使われる、4つの柄について紹介していきます。

さらにその柄が相手にどのような印象を与えられるかにも、詳しく触れていきます。

また同じ柄でも大きさや線の太さで印象は変わってしまいますので、そのあたりにも注意しておきましょう。

無地

どんなスーツにも合わせられる最も無難な柄で、誰に見せても不快感をもたれない柄です。

非常に汎用性が高いため、営業としてはどの営業先にも着用していける、いわば勝負ネクタイといえるでしょう。

模様が主張してこないおかげで、色が相手にもたらす精神効果を余すところなく出せるのも長所です。

生地の良し悪しを柄でごまかせないことや、勝負ネクタイであることなどを踏まえたうえで、しっかりした生地のものを買いましょう。

おすすめの生地は絹100%で、なおかつ厚地のものです。

同じ絹100%のものでも使用する原料(繭)の質によって、質感も変わっていきます。

絹100%というだけで選ぶのではなく、上質なものを選ぶことが大切です。

ストライプ

無地と並ぶネクタイ定番の柄です。

定番のため、営業で着用するどのスーツとも相性はよいといえます。

また種類も多いため、着る人の個性に応じたものを選択できるでしょう。

ストライプは洗練された印象のため、見た人にクールで知的な印象を与えます。

使用されている色数が多いもの、ストライプの幅が大きいものはカジュアルな感じになりやすい特性があります。

ビジネスシーンで着用する場合は多くても、3色くらいで構成されているものを選ぶようにしましょう。

水玉柄

ストライプ柄と同様、比較的着用シーンを選ばない柄です。

ドットが大きいとカジュアルな印象を与えるため、ドットは小さいものを選ぶのがよいでしょう。

少しポップな印象を与えるため、軽やかさを上品に演出できるネクタイです。

小紋柄

花や幾何学模様など、同じ柄がいくつも並んだものを小紋柄といいます。

こちらもビジネスシーンで着用する場合は、小さめの柄が並んだものを選んでしてください。

柄の種類にもよりますがおしゃれな雰囲気のため、見た人にソフトで知的な印象を与えられるでしょう。

シチュエーション別おすすめのネクタイ色

会社のシンボルカラーのようなものがあれば、その色の織り込まれたネクタイを着用することになるでしょう。

しかし基本的にこの色はNGという、ネクタイの色は存在しません。

シチュエーションを選びさえすれば、気に入った色のネクタイを着用しても問題ないのです。

ただあまりにも色味の強いものは、カジュアル感が増すのでふさわしくありません。

ビジネスシーンにふさわしい、落ちついたトーンのネクタイを選ぶようにしましょう。

以下でビジネスシーンごとに、おすすめのネクタイ色を紹介します。

大きなプレゼンをするとき

大きなプレゼンをするときは赤色のネクタイがおすすめです。

赤色のネクタイは、相手に「情熱」「リーダーシップ」「力強さ」や、また「アクティブ」というイメージを与えられます。

積極的に自分の力量、存在感をアピールできるでしょう。

グレー系・ブラック系・ネイビー系と、一般的なスーツの色にも合わせやすい色ですが、あまり赤みが強いと攻撃的な印象を与えかねません。

赤色を取り入れながらも、少し落ちついた色あいにしておくと無難です。

はじめて営業をかけるとき

はじめて営業をかけるときは青色のネクタイがおすすめです。

青色のネクタイは、相手に「さわやかさ」「誠実さ」というイメージを与えられるからです。

また「論理性」「知的さ」「冷静さ」も印象づけられるので、ビジネスで有利に働くでしょう。

老若男女問わず愛される日本人好みの色である点も、はじめて営業に行くと考えれば無難だといえます。

赤色のネクタイと同じく、どのような色のスーツとも合わせやすいネクタイカラーです。

謝罪が必要なとき

謝罪する必要がある場合は茶色のネクタイがおすすめです。

茶色のネクタイは、派手さがないため相手に「落ちつき」「穏やかさ」「堅実さ」や、また「真面目さ」というイメージを与えられます。

場の緊張を緩和させる効果も期待できます。

茶色のネクタイはグレー、あるいはブラウンのスーツと組み合わせるのがよいでしょう。

また、ネイビーのスーツに茶色のネクタイを合わせると「アズーロ・エ・マローネ」という、イタリアでよく着られているおしゃれな組み合わせになります。

合わせるシーンによって選ぶとよいでしょう。

営業研修・セミナーに参加するとき

営業研修・セミナーに参加するときは、緑色のネクタイがおすすめです。

緑色のネクタイは、相手に「若々しさ」「安らぎ」「落ちつき」「平和的」というイメージを与えられます。

研修先の方々に、話しやすさや安心感、協調性を感じてもらえるでしょう。

「緑は着用しにくい」と思ってしまう人は、濃い色であれば目立つことなく緑のもつイメージを活用できます。

緑はアースカラーに含まれるので、季節を選ばずつけられるのも魅力です。

ネクタイのきれいなノット(三角形の部分)の作り方

営業の印象は、ネクタイの結び方でも大きく変わります。

ここでは基本となるプレーンノット、少し難しいウィンザーノットを紹介します。

【プレーンノット】

  1. ネクタイを首にかけます。右が大剣(幅の広いほう)です。
    大剣のほうが長くなるようにしましょう。
  2. 大剣(幅の広い方)を上に、ネクタイのつなぎ目あたりで交差させます。
  3. 上に重ねた大剣を小剣(幅の狭い方)の裏側に回します。
  4. 裏側へ回した大剣を小剣に巻きつけて一周させましょう。
    その際に、右手の指に巻きつけるようにして輪を作ると次の手順がやりやすくなります。
  5. 大剣を内側からくぐらせ、巻きつけた輪の中に通しましょう。

【セミウィンザーノット】

  1. ネクタイを首にかけます。
    右が大剣(幅の広い方)ですが、プレーンノットよりも大剣の方を長めに取りましょう。
  2. 大剣(幅の広いほう)を上に、ネクタイのつなぎ目あたりで交差させます。
  3. 首にかかるほうに大剣を巻きつけます。
  4. 大剣を小剣の後ろに移動させ、首もとのループに前から通しましょう。
  5. 3で通した反対側の片方に大剣を巻きつけます。
  6. 大剣を一周してできた輪の中に、大剣を上から通します。
  7. 結び目の形を整え、小剣を引きながら結び目を上げればウィンザー・ノットの完成です。

ビジネスで使うのはセンターディンプル

最も一般的で、最初にマスターしたいディンプルです。

ビジネスシーンで用いられているディンプルですが、実は華やかな場所でも使用できる汎用的なものでもあります。

相手には誠実で真面目な印象を与えられるでしょう。

 型崩れしにくいのはシルク素材

同じように見えるネクタイですが、実は素材によって型崩れしやすさは異なります。

型崩れしにくい素材はシルクです。

なぜならシルクのネクタイには、シルエットを保つ芯地が含まれているからです。

芯地はシルエット作りに必要な、骨格形成をするために役立っている副資材のことを指します。

ただ表地と表地に挟まれているため、外からは確認できません。

芯地が使用されている例として、ワイシャツがあります。

ワイシャツの襟や袖、前立て部分はしっかりと形がついていて、なかなかしわがつきません。

あれは芯地が含まれているからです。

シルクのネクタイもそれと同じ理由で、型崩れしにくくなっています。

最も手軽なプレーンノットのやり方で、ディンプルを作るのがおすすめです。

きれいなディンプルの作り方

以下に手順を記しておきますので、参考にしてください。

  1. ループを作って大剣を通す直前までネクタイを結んでいってください。
  2. ループに大剣を通して下に引っ張っていきますが、そのときにノットの上に人差し指を横に通します。
    指はノットの上にあり、下に引っ張られる大剣で指が締められていく感じです。
    このとき指は地面と平行にするようにしましょう。
    大剣がノットと接触する部分を横一直線にするためです。
  3. 空いている手で大剣の中心付近にディンプル(くぼみ)を作ります。
    このとき片手だけでディンプルを作りにくい場合は、人差し指を使っている手の残っている指でネクタイを支えても問題ありません。
  4. 大剣を下に引っ張りつつ、ノットを締めていきます。
  5. ネクタイから指を抜いても上辺が平らになっているか確認します。
  6. ディンプルの形を整えながら、ゆっくりとノットを小さく締め上げていきましょう。
    一気に締めると形が崩れてしまいますので、数回繰り返して締めるのがよいでしょう。
  7. シャツの首もとにしっかり収まるようにネクタイを締め上げて完成です。

きれいなディンプルができていれば見栄えがよく、ビジネスシーンで好印象を与えられます。

まとめ

今回はネクタイに関するさまざまことをご紹介しました。

ネクタイに関するマナーは知っておけば失敗することはありません。

最初のうちは、忘れないように度々ポイントを確認するのがよいでしょう。

また営業先の相手も、マナーを理解しているはずです。

しっかりとスーツとともに着こなせていれば「この営業は、ネクタイの結び方をよく知っているな」と思ってもらえるはずです。

ぜひこのページを参考にして、隙のない営業になってください。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます