営業とマーケティングの違いとは?身につけるべき5つのスキルも紹介

営業とマーケティングの違いとは?身につけるべき5つのスキルも紹介

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

「営業とマーケティングって具体的にどんな違いがあるの?」
「企業における営業部門とマーケティング部門の役割って?」

このように、現在就職活動をしている方の中には、営業とマーケティングの違いがよくわからないという方もいるのではないでしょうか。

本記事では、企業における営業とマーケティングの違いについて紹介していきます。

本記事を読むことで、営業とマーケティングにどのような違いがあるのか把握することができます。また、営業職がマーケティングスキルを身につける必要性についても解説しているため、どのようなスキルが役立つのか理解できるでしょう。

営業とマーケティングの違いについて知りたいと考えている方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

企業における営業とマーケティングの役割とは?

営業とマーケティングはそれぞれ異なる目的や役割を持っています。企業が成長していくためには、営業部門とマーケティング部門どちらとも機能することが大切です。

これから就職活動や転職活動を行うという方の場合も、部門の役割についてよく理解しておく必要があるでしょう。ここでは、企業における営業とマーケティングの役割について解説していきます。

営業部門の役割

営業部門の役割は、顧客に自社の商品やサービスを販売することです。販売もマーケティング活動に含まれますが、営業部門ではマーケティング活動の一部である顧客への商品やサービスの購入促進、売買契約を結ぶことが主な仕事となっています。

また、商品やサービスを販売した後の顧客対応に関しても、営業部門が担うケースもあります。

マーケティング部門の役割

マーケティング部門の役割は、自社の商品やサービスが売れる仕組みを作ることです。そもそもマーケティングにはさまざまな定義があるため、企業によってマーケティング部門の業務は異なります。

しかし、どの企業でも継続的に利益を得るために、顧客に自社の商品やサービスを販売するための活動を行うことがマーケティング部門の役割だと言えるでしょう。

営業とマーケティングの違いを知るポイント3つ

営業とマーケティングの具体的な違いを把握するには、「目的」「期間」「対象」の3点について比較してみるとわかりやすいでしょう。

ここでは営業とマーケティングの違いを知るポイントについて解説していきますので、参考にしてみてください。

1:目的について

営業の目的は商品やサービスの成約を獲得することですが、マーケティングの目的は自社と顧客の良好な関係性を築くことです。営業の場合は顧客との良好な関係性ももちろん重要ですが、商品やサービスの売買契約を締結することが本来の目的です。

一方、マーケティングの場合は顧客と良い関係性を継続することにより、営業が大きなコストをかけなくても売買契約に繋げられるようにすることが目的となっています。

2:期間について

営業の場合は成約を目指すことが目的のため期間は短いですが、マーケティングの場合は顧客との良好な関係性を築いていく必要があるため、期間は自然に長期となります。

商品の売り上げを伸ばすことは企業が存続するために必要なことであるため、営業部門は短期的な成果が求められます。一方、マーケティングの場合は基本的に長期的な視点で行われるため、会社側から短期的な成果を求められることはあまりないでしょう。

3:対象について

営業の対象は顧客ですが、マーケティングの対象は顧客というよりも市場そのものだと言えます。直接個人に対して商品やサービスを販売する営業では、顧客第一の考え方を持ちますが、マーケティングの場合はそもそも個人を特定していません。

マーケティングは自社のターゲットとなる顧客がいる市場を探し、アプローチすることが主な業務です。そのため、営業の対象は個人、マーケティングの対象は市場全体だと言えるでしょう。

営業職がマーケティングスキルを身につける必要性

ここまで紹介した通り、営業とマーケティングはそもそも対象や目的などが異なっているため、立場上対立してしまうことも多いです。しかし、同じ最終目的を達成するためには、営業とマーケティングがお互いを理解して連携することが大切です。

営業とマーケティングがうまく連携するためには、営業職もマーケティングスキルを身につけることが重要だと言えるでしょう。

営業職で役立つ5つのマーケティングスキル

営業職もマーケティングスキルを身につけることにより、マーケティングの業務をより良く理解できるようになります。また、営業の現場でも身につけたマーケティングスキルを活かせるでしょう。

ここでは営業職で役立つ5つのマーケティングスキルについて解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

1:資料を作成するスキル

営業職には相手が理解しやすく、納得しやすい資料を作成するスキルが必要になります。営業職が作成する資料は基本的にお客様用の資料ですが、自社の経営陣もチェックする場合があります。

そのため、誰が読んでもわかりやすい提案資料を作成できるようになると良いでしょう。そのためのマーケティングスキルとしては、マジカルナンバーやFABE分析などが役に立ちます。

マジカルナンバー

マジカルナンバーとは、人の脳が瞬間的に覚えられる容量の限界は「7±2」であるというものです。マジカルナンバーを活かすことで、人の記憶に残りやすい資料を作成できるようになるでしょう。

たとえば、資料の中見出しなどに「3つの理由」や「7つの利点」といった言葉を用いれば、わかりやすく印象に残りやすい資料を作成できます。

FABE分析

FABE分析とは、「Feature(特徴)」「Advantage(優位性)」「Benefit(利益)」「Evidence(証拠)」という4つの頭文字を取ったフレームワークです。FABE分析は商品のベネフィットを分析する際に用いられるもので、プレゼンテーションなどを行う際に役立ちます。

営業職としてFABE分析のスキルを身につけることで、訴求力の高い提案書をスムーズに作成できるようになるでしょう。

2:情報を収集するスキル

営業職には、自社の業界やお客様の業界に関する情報を収集する能力が求められます。日々SNSやメルマガ、書籍などさまざまな媒体で情報収集を行っておけば、お客様との会話や企画のアイデア出しにも役立つでしょう。

また、営業職としてより情報収集スキルを高めるには、身の回りの知識が豊富な人と日頃から良い人間関係を築いておくことも大切です。

3:企画を立てるスキル

営業職には企画力も求められます。営業職では斬新な企画というよりも、比較的短期的に売上アップに繋がるような企画が求められることが多いです。

そのため、既存の事例なども参考に企画を立てられるようになると良いでしょう。また、企画を検討する場合は、思考の整理に役立つ「5W1H」というフレームワークを活用するのがおすすめです。

4:データを分析するスキル

営業職に役立つマーケティングスキルの中でも、特に重要なのがデータを分析するスキルです。分析スキルを持った営業マンであれば、自社の強みを理解した上で営業活動ができます。

また、どのような顧客に対してアプローチすれば有効なのかもわかるようになるため、効果的な営業活動ができるようになるでしょう。ここでは、営業職に役立つデータを分析するスキルについて紹介します。

4P分析

4P分析とは、「Product(製品)」「Price(価格)」「Place(流通)」「Promotion(販売促進)」の4つのPによって、商品をどのように売り込むのかという戦略を立てるためのフレームワークです。

4P分析では、どのような商品をどのくらいの価格で、どのような経路で、どのように販売していくのか検討していくことになります。戦略を知ることにより、営業としての視野が広がるでしょう。

3C分析

3C分析とは、「Company(自社)」「Customer(顧客)」「Competitor(競合他社)」という3つの分析対象の頭文字を取ったフレームワークです。

3C分析を行うことで、自社の強みを生かした戦略の立案を行えるでしょう。また、他社との差別化のポイントなども見えてくるため、営業活動にも役立ちます。

5:顧客を理解するスキル

直接目の前の顧客に対して営業活動を行う営業職には、顧客を理解するためのマーケティングスキルも重要となります。顧客理解を深めるためのマーケティングフレームワークとしては、「PEST分析」と呼ばれる分析方法が有名でしょう。

ここでは、顧客を理解するのに役立つPEST分析について解説します。

PEST分析

PEST分析とは、「Politics(政治)」「Economy(経済)」「Society(社会)」「Technology(技術)」という4つの側面から分析するフレームワークです。

PEST分析はこれらのマクロ環境から自社が受ける影響を分析するものですが、顧客に対して行うこともできます。顧客が個人であれ法人であれ、PEST分析によって顧客を分析することにより、顧客がどのような商品やサービスを求めているのか把握できるでしょう。

営業とマーケティングを上手に連携させるには?

営業とマーケティングを連携させるには、マーケティングオートメーション(MAツール)などを活用して情報を共有しやすい状態にするのがおすすめです。近年では、さまざまなビジネスツールが登場しており、部署を超えて情報を一元管理できるようになっています。

MAツールをうまく活用することで、マーケティングが獲得したリードをスムーズに営業へ引き継げるようになるでしょう。

営業とマーケティングの違いについて知識を深めよう

違いの分かりにくい営業とマーケティングですが、それぞれ対象や目的、期間などが異なっています。そのため、業務上対立してしまうことも多いでしょう。

ぜひ本記事で紹介した、企業における営業とマーケティングの役割や違いを知るポイント、営業職に役立つマーケティングスキルなどを参考に、営業とマーケティングの具体的な違いを理解した上で就職活動を行えるようにしてみてはいかがでしょうか。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます