不動産売買仲介への転職はアリ?気になる年収や魅力・やりがいから賃貸営業の違いまで徹底解説

不動産売買仲介への転職はアリ?気になる年収や魅力・やりがいから賃貸営業の違いまで徹底解説

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

営業をするなら不動産業界に転職したいと考えている方、意外に多いのではないでしょうか。

不動産業界は給与がいい、仕事が面白そう、不動産売買仲介なら若くして稼げるなど、興味を持つ方は少なくありません。

もっとも、不動産営業には大きく分けると不動産売買の仲介と賃貸営業があります。

それぞれどう違うのか、気になる年収や魅力・やりがいから賃貸営業の違いまで徹底解説していきます。

【不動産売買への転職】そもそも不動産売買仲介とは?

不動産業界にも分野がありますが、そもそも不動産売買仲介とはどんな仕事なのでしょうか。

不動産売買ではなく、仲介とついている点も気になります。

不動産売買は不動産販売とも言い、勤務先となる企業が売主となって土地や建物の販売を行います。

これに対して、不動産売買仲介は「物件を買いたい人に対して営業活動を行い、マンション・アパート・戸建て住宅などを売る仕事」および「不動産を売りたい人の依頼を受けて買主を探す仕事」です。

買主と売主の間に立って不動産売買契約の仲介を行い、仲介手数料を得る業種になります。

不動産業界にはほかにも賃貸営業や不動産販売が存在しますが、詳しくは以下の記事をご覧ください。

【不動産売買への転職】賃貸営業との違い

不動産営業に転職を考える場合、売買営業か賃貸営業かで悩む人は少なくありません。

どのような違いがあるのでしょうか。

不動産売買の営業は土地や建物の所有権の取引をサポートするものです。

不動産を買いたい人と売りたい人のマッチングを行い、売買契約の締結を仲介します。

これに対して、賃貸営業は土地や建物を貸したい人と借りたい人をマッチングさせ、賃貸借契約の締結を仲介する仕事です。

よく比較して、自分が求める営業スタイルや将来像を考えるのがおすすめです。

賃貸営業と売買営業のメリット・デメリット

売買はローンや税金、相続や登記などの幅広い知識が必要で、高額な取引となるので、簡単に契約成立にはならないので、営業も大変です。

負担は大きいですが、不動産に関する幅広い知識と高い収入が手に入り、将来的に独立願望がある人にとっても有利に働きます。

賃貸は家を借りたい人のサポートをする仕事で、学生などの利用も多く、売買と異なり、すぐにでも借りたい人や進学や就職、転勤などのために部屋を借りなくてはならないニーズがあるので、営業は比較的楽です。

いくつも案内する必要があっても、最終的には契約が得られるのが一般的です。

売買に比べて低額の取引ですので、インセンティブは少ないですが、賃貸営業のほうが未経験でも始めやすくなっています。

売買営業と賃貸営業の仕事・年収

●売買の仕事内容

  • 売主からの依頼を受け販売活動を行う
  • 宣伝広告や問い合わせ対応
  • オープンハウスの運営
  • 現地同行、内覧案内
  • 売買条件の交渉
  • 売買契約の締結に立ち合い、重要事項の説明などを行う
  • 売買契約は基本的に何千万円、数億といった大きなお金が動く
  • ローン契約のアドバイスやサポートもしなくてはならない
  • 登記の移転手続きのサポートなども必要
  • 年収600万~2,000万円

●賃貸の仕事内容

  • 貸主からの依頼を受け募集をかける
  • 借りたい人からの問い合わせ対応
  • 内覧同行
  • 借主の審査
  • 賃貸借契約は家賃を継続的に支払う契約であり、どんなに高額の家賃でも100万円程度
  • ローンや登記といった手続きは必要なし
  • 年収300万~600万円

売買営業と賃貸営業にはかなり違いがある

賃貸営業と売買営業はかなり仕事に違いがあるため、不動産売買で将来的に稼ぎたいなら売買営業への転職がおすすめです。

ただし、売買仲介では賃貸営業に比べて、「民法」「建築基準法」「金融知識」をはじめ、その他の法律的知識などが求められます。

賃貸営業でも、貸主側をメインにサポートする場合は、法律知識や税金の知識も必要ですが、借主メインなら、あまり使う機会はありません。

これに対して、売買仲介は、より専門性が必要です。

【不動産売買への転職】不動産売買仲介の転職事情

不動産売買仲介に転職するか検討するうえでは、選べるだけの豊富な求人があるか、現在の収入や将来の収入の面で業界としての安定性や将来の動向も検討しなくてはなりません。

コロナ禍で経済的な余裕がない人が増えることやステイホームのため、不動産売買の動きが鈍っていないか気になるところです。

この点、コロナ禍でも不動産売買仲介の求人動向は増加傾向にあります。

主な理由としては以下の2点が挙げられます。

1.テレワーク推進による郊外需要増

テレワークにより、家賃の高い都心や狭い都心のマンションに暮らすより、郊外の広い一戸建てに住み替える動きが高まっているのです。

2.大阪万博など国際イベントに向けた宿泊施設・商業施設需要

現在はコロナ禍で低迷している業界も、将来のイベントに向けて潜在需要があります。

【不動産売買への転職】不動産売買仲介の魅力・やりがい

転職するには職種や仕事に魅力ややりがいがないと続きません。

不動産売買仲介の魅力・やりがいはどのような点にあるでしょうか。

ここでは、主な魅力・やりがいとして、実力次第で高収入を得られる、扱う商材の規模が大きい、さまざまな人と接することができる点について詳しくご紹介します。

実力次第で高収入を得られる

不動産売買仲介の魅力・やりがいの一つは、実力次第で高収入を得られることです。

インセンティブの割合が大きいために、実力があって成果を上げられれば、若くして高収入を得られるのが魅力です。

ただし、会社によって歩合率が異なるため注意しなくてはなりません。

転職の時、歩合率について気にしてみると、きちんと稼げる会社か見分けられます。

売買の仲介手数料のうち、どのくらいの割合が営業職に入り、どのくらいが会社側の収入になるのか、歩合率をチェックしましょう。

大手だから歩合率が高いとは限らず、不動産ベンチャーで、未経験から入っても億プレイヤーを多出しているケースもあります。

メインに扱う不動産のジャンルによっても異なるため、営業職の収入実績も調べてみるのがおすすめです。

扱う商材の規模が大きい

不動産売買仲介の魅力・やりがいの2つ目は、扱う商材の規模が大きいことです。

マイホームなら何千万円、事業用ビルや投資用不動産なら数億円という規模になり、賃貸営業の家賃の額とは全くレベルが違います。

大きな取引を成立させることは責任感も重くなるものの、やりがいや達成感は大きいです。

少しでも安い家賃がいいという若い社会人や学生相手に賃貸営業をするより、富裕層の売主や資産を増やしたい投資家を相手にしたビジネスはやりがいがあります。

マイホームの売買の場合も、人生で一番大きな買い物と言われる、家族の生活や人生にかかわるお手伝いができ、ビジネスの規模や目的もやりがいの一つになります。

さまざまな人と接することができる

不動産売買仲介の魅力・やりがいの3つ目は、さまざまな人と接することができることです。

不動産売買では今すぐ売りたい、買いたいといったスピードを求める人だけでなく、じっくり検討しながら行いたい方もいます。

また、ライフスタイルに合った不動産探しなどのため、不動産の話だけでなく、雑談や趣味、仕事、過去の思い出、人生など、さまざまな話をすることになります。

コミュニケーションを取ることで、お客さんとの絆や信頼関係が生まれ、金額の大きな取引も任せてもらえるようになるのです。

気に入ってもらえたお客さんには、別のお客さんを紹介してもらえることもあるので、出会いは大切です。

不動産を巡ってさまざまな事情を抱えた人など、多くの人と知り合える面白さも仕事の魅力です。

【不動産売買への転職】不動産売買仲介への転職に求められるもの

では、不動産売買仲介への転職に求められるものはどのようなことでしょうか。

いかに求人があっても、未経験で採用されるのか、書類や面接にどんな点をアピールすれば選考に通るのか、確認しておくことが必要です。

不動産売買仲介への転職に求められるものとしては主として、コミュニケーション力、タフさ、前職での実績、資格の取得が挙げられます。

詳しく見ていきましょう。

コミュニケーション力

不動産売買仲介への転職に求められるものの一番は、コミュニケーション力です。

コミュニケーション力は不動産売買仲介に限ったことではなく、営業力の基礎です。

お客様が求める理想の物件をヒアリングしたり、契約交渉を行ったり、契約手続きをスムーズに進めるうえでもコミュニケーション力は欠かせません。

不動産売買仲介は1社に任せず、複数に依頼することもできますし、いかに売主、買主のために時間や手間をかけて頑張っても、成功報酬制のため、契約が成立しない限り、成果にはつながりません。

コミュニケーションの不足で他社に流れてしまう場合や途中で依頼を断られるリスクもあります。

コミュニケーション力が、うまく成約につなげられるかを左右するのです。

タフさ

不動産売買仲介への転職に求められるものの2つ目は、タフさです。

精神的なタフさと肉体的なタフさの両面が求められます。

精神的タフさとは、高いノルマや失敗の繰り返しにも負けない粘り強さです。

売主や買主と良好な関係が築けて、契約成立に向けてうまくいっているように思えても、急に断られることも少なくありません。

何が問題だったのか振り返って分析し、次に活かすことや失敗しても前向きに次に進めるタフさも必要です。

肉体的タフさは大きくなりがちな、仕事の負担に耐えられるかです。

不動産売買仲介の営業では、不動産所有者のリストを使って、夜間も電話営業をし続けることやノルマの達成のために訪問営業をするなど、動くことが求められます。

前職での実績

不動産売買仲介への転職に求められるものの3つ目は、前職での実績です。

必ずしも、不動産業界での営業実績は必要ありません。

他業界や他業種における営業実績でも良いですし、営業未経験でも前職で売上に貢献するような工夫や戦略的に動いた行動などがあればアピールすべきです。

営業職の経験があっても、成果が出せていなければ意味がないですし、普段は開発や制作の仕事をしていても、コンペでプレゼンをして他社に勝った実績があるなど、成果が出せた実績があれば積極的にアピールしましょう。

そのうえで、なぜ未経験で異業種から不動産売買仲介の営業に転職しようと考えたのか、どのように成果が出せると考えているかアピールすることが大切です。

資格の取得

不動産売買仲介への転職に求められるものの4つ目は、資格の取得です。

賃貸営業では必ずしも必要ではありませんが、不動産売買仲介の場合、宅地建物取引士・運転免許・ファイナンシャルプランナーは転職前にとっておけると有利となります。

宅地建物取引士の資格がないと、売買契約時の重要事項の説明ができません。

営業はできても、最終的な契約の場面で、上司など宅地建物取引士の資格を持つ人に対応してもらわなくてはなりません。

やはり、お客さんとの信頼を得るためにも最初から最後までサポートできるほうがベストです。

また、不動産売買仲介に必要な専門知識を得るためにも、宅地建物取引士の勉強がおすすめです。

顧客の案内や売主への訪問などのために運転免許も必要ですし、税金や相続、ローンや生命保険の知識も必要なので、ファイナンシャルプランナーの勉強をして、資格が取得できると有利になります。

まとめ

不動産売買仲介への転職はアリかを考えるにあたっては、気になる年収や魅力・やりがいと賃貸営業の違いも知っておくことが必要です。

売買仲介の営業の年収は600万~2,000万円、賃貸営業の場合は300万~600万円と収入面では、圧倒的に売買仲介が高収入です。

不動産売買仲介の魅力・やりがいとして実力次第で高収入を得られ、扱う商材の規模が大きく、さまざまな人と接することができます。

不動産売買仲介への転職に求められるものとして、コミュニケーション力、タフさ、前職での実績、資格の取得がポイントです。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます