【女性営業職の悩み】女性営業職が抱えがちな悩みを乗り越える方法を解説!

【女性営業職の悩み】女性営業職が抱えがちな悩みを乗り越える方法を解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

営業職としてバリバリ働く女性は周囲から見ると、とても華やかに見えます。

しかし、1985年に男女雇用機会均等法が施行されてから30年以上経っても、

総合職の男女比率は8:2に留まっており、

そのなかでも営業職は男性の比率が圧倒的に高い職種です。

したがって、身近に同性の同職の同僚や先輩がおらず、仕事の悩みを相談できずに抱え込んでしまう方も少なくありません。

今回は、女性営業職ならではの悩みと、乗り越える方法を女性ならではの視点でお話しします。

【女性営業職の悩み】仕事内容の悩み

営業職は社内外で同僚や取引先などさまざまな人と関わり多忙なスケジュールをこなすため、

一口に仕事の悩みと言っても、種類は多種多様に及びます。

まずは、仕事へ直接関わる悩みにフォーカスしていきましょう。

「営業職は高給で時間の配分も自分の裁量で自由に使えてうらやましい」という他業種からの声も多く聞きますが、

実際は体力的にも、精神的にもハードな面が多い職種です。

営業職として働く女性が仕事の面で抱える悩みとは、どのようなものが多いのでしょうか。

①ノルマがきびしい

第一に、業務上のきびしいノルマがあげられるでしょう。

営業職ではノルマを設定されているケースが大多数を占めています。

ノルマを達成できなかったからといって、解雇などの懲戒処分や、減給になることはほとんどありません。

労働基準法でそのような行為は禁じられており、過度なしっ責はパワハラとして認定されるため、

労働環境が重視される今日では、ノルマの未達によるペナルティはめったに見ないものとなりました。

しかし、実際に達成しがたいほどの数字が設定されていると

「根拠がないのではないか」

「無理を押しつけられている」

などの会社への不信感へつながり、モチベーションが低下してしまいます。

また、ペナルティはないにしても

「ノルマを達成して、上司の期待に応えなければならない」

というプレッシャーを感じ、自らを追い込んで、ストレスを抱えてしまう営業職は多く見受けられます。

②仕事がハード

つぎに、業務の内容がとてもハードなこともあげられます。

営業は体力勝負な面もあることは否めません。

商品やサービスの資料が多く、取引先に出向くことが多いため、大荷物を持って移動する機会がとても多い職種です。

炎天下でも大雨でも、数件の外回りをこなすのも珍しいことではありません。

女性は身体の性質上、男性よりも筋肉量が少なく、毎日の外出や出張をきついと感じがちなのは無理のないことです。

また、取引先の都合に合わせてスケジュールが変更になることも多いため、

仕事に区切りをつけるのが難しく、長時間労働になることが多いのも特徴です。

このように、ただでさえ身体のリズムで体調不良となる日もある女性は、

営業職として勤務するなかで精神的、体力的の両面で負担を感じるという声は多く聞こえます。

肉体的な負担が減る工夫をする

体力面の負担は、実は少しの工夫で軽減できます。

まず、営業の外回りを辛いものとするのは莫大な商品やサービスの資料です。

それらを抱えてヒールのある靴とスーツを着用して移動するだけで、かなりの体力を消耗します。

そのため、移動する際にキャスター付きのバックを使用する、

可能な限り社用車を利用させてもらうなどして

肉体的な負担を軽減すると良いでしょう。

また、運動する習慣をつけ、自分の身体を鍛えて体力をつけるのも1つの手段です。

「平日は仕事で疲れているのに、運動する気になれない」

と思うかもしれません。

しかし、身体を動かして汗をかくと自律神経が整い、精神面も安定します。

また、ジムやスタジオなどで職場以外の人と話すのも、良いリフレッシュになるかもしれません。

③プライベートの時間にも業務が入る

営業職における悩みの1つに、休日も仕事の電話が鳴るため、気が抜けないということがあげられます。

営業は成果が数字に反映し、顧客から直接お礼や感謝を述べられる機会があるなど、やりがいの多い仕事ですが、

トラブル対応の機会も多くあります。

そのため、責任のあるポジションになる程、顧客や業者からの電話が休日も鳴り続けるというのはよく聞く話です。

休日でも社用の携帯電話に連絡が入り、場合によっては休日を返上してトラブルの対応に出向くなど、

プライベートでも気が抜けないため、心が休まらないという声が多いのです。

休日の仕事対応は、労働基準法では義務付けられていません。

しかし「顧客との関係を考えると対応しなければならない」

と、社用携帯を気にしながら、休日を過ごすことにストレスを感じる女性営業職は少なくありません。

【女性営業職の悩み】人間関係の悩み

顧客や業者に合わせたスケジュールで、体力的にもきびしい外回りをこなす営業職は、

業務面でも多くの悩みを抱えていることがわかりました。

そして、仕事の悩みと同じくらい良く耳にするのは人間関係の悩みです。

相手との人間関係を構築することが要ともいえる営業職には、コミュニケーション力のある人材が多いように思われます。

しかし、女性営業職ならではの悩みはあとを絶ちません。

そのなかでもよく聞く3つの悩みをピックアップし、解決法と併せて紹介します。

①部署内での関係

まず、社内の部署内における人間関係があげられます。

今まで男性社会であることが多かった営業のフィールドにいた男性の上司や同僚たちは、

女性への適切な距離感がつかめていないこともあります。

良く聞くのは2つのケースで、

1つ目は距離感が近すぎて「調子に乗り、セクハラをしてしまう人」です。

特に飲み会などの場面で、不適切な発言や行動をする年配の上司に悩む女性営業職は、残念ながら少なくないといえます。

2つ目は「セクハラ訴訟をおそれ、近寄ってこない人」です。

コンプライアンスを気にするあまり、目を合わせない、不必要な会話を避けるなど極端な対応を取られると、

十分にコミュニケーションを取れず業務が円滑に進まないという声も聞きます。

真面目に仕事がしたいのに、フェアな対応のできる同僚が少ないのはかなりストレスになるでしょう。

セクハラは許さず、程よい距離を取ろう

「社内の人間関係を乱したくない」

と悩まれるかもしれませんが、セクハラは断じて、許してはなりません。

うやむやにしていると行為がエスカレートする可能性もありますし、

今後入社する女性営業職にも「こういう対応は許される」という誤った認識で対応する危険もあります。

セクハラをする人には

「社内に通報します~」

「○○さんに言いますよ~」

と、相手の行動をカジュアルに指摘しましょう。

それでも収まらない際は、社内のコンプライアンス部門に相談するなど、き然とした態度で対応してください。

異常に距離を取る人には、焦って距離感を近づけようとするとされに警戒される危険があります。

まずは笑顔であいさつするなど、初歩的なコミュニケーションから徐々に関係を構築していくことがおすすめです。

②女性事務職との関係

次にあげられるのは、同じ部署の女性事務職との関係です。

営業は事務職に依頼する立場であるために、特に年配女性への対応に悩む女性営業職は少なくありません。

女性は人に気をつかうので、特に同性だと顕著にその傾向が見られます。

営業職が意図していなくても、事務職の人からすると「上から目線」と思われてしまうことも多いのです。

空気を必要以上に読んでしまう女性営業職は、仕事や雑務を依頼したいのに気をつかってうまく言い出せず、

自分でこなそうとして、オーバーワークになってしまうケースも見受けられます。

丁寧な言い方・態度を意識しよう

女性事務職との関係や距離感に悩んでいたら、

まずは言い方を丁寧にしたり、明るい声を意識したりと、相手が不快に感じる要素をなくすように心がけましょう。

事務職も営業職と同様に、日々の業務を抱えています。

そのうえで新たに依頼するという前提を忘れず、

相手に敬意をもって接すれば、事務職もあなたに対してマイナスの感情を抱かないはずです。

また、「いつもありがとうございます」と何気ないときにも感謝の気持ちを伝え、

日々のあいさつで少しずつ距離を縮めるのも効果的です。

明るく礼儀正しい人を悪く思う人はいません。

自分が相手の立場に立ってどのように接してもらいたいかを考え、

「お疲れ様です。今お話しして大丈夫ですか。」

など笑顔で声かけをするなどの気づかいを忘れないようにしましょう。

③取引先との関係

社内だけでなく、取引先との人間関係に悩む女性営業職の声は非常に多く耳にします。

取引先の男性から気軽に食事に誘われたり、私用の連絡先を聞かれたりという機会は少なくないのです。

また、仕事の商談があることを逆手に取り、接待の場で不必要な身体の接触や、

「彼氏はいるのか」

「子どもは作らないのか」

などの性的な会話を強要するなど、

セクハラまがいの対応をされることもときにはあります。

不快な思いを感じても、仕事がやりづらくなることや、上司に迷惑がかかることをおそれ、

「自分さえ我慢すれば丸くなる」

と笑顔で受け流すなどして、セクハラを許容してしまうケースは残念ながら多く見受けられます。

断る一言を覚えておこう

社内の男性営業職に対する対応と同様に、セクハラは決して、許容してはなりません。

相手が社外の人間だと強固な態度に出づらい、人事にも相談できないと悩むかもしれませんが、

断る際にとっておきの一言を覚えておくと良いでしょう。

たとえば、会社の規則で行けないという前提を作れば、それ以上相手は踏み込んできません。

「お誘いありがとうございます。しかし、弊社のルール上お客様とのお食事は上司の同席が必要で、勤怠上GPSで管理されているんです。」

のように断れば、相手の自尊心を傷つけることなく穏便に断れます。

また、

「もう1件商談があり、○時までに行かないといけないんです。」

など誰にも迷惑をかけない嘘も護身術となるでしょう。

あまりにもしつこい場合は、1人で抱え込まず会社に報告しましょう。

【女性営業職の悩み】女性特有の悩み

このように女性営業職は、体力的にも精神的にもハードな仕事だけでなく、社内外の人間関係にも悩まされています。

そして、それだけではなく、女性ならではの悩みを抱えている人も少なくはありません。

全国の営業職のなかで、女性営業職が占める割合は17%といわれています。

まだまだ男性の占める比率の多い営業畑で勤務していくには、女性特有の悩みはなかなか共感を得づらく、

抱え込んでしまう人も数多く見受けられます。

それでは、女性ならではの悩みというのは具体的に一体どのようなものでしょうか。

①ロールモデルがいない

第一に、仕事を続けていくうえで目指したいと思う、女性営業職のロールモデルになかなか出会えないという意見が多いです。

「こうなりたい」と思う、尊敬できる同じ立場の先輩が近くにいるということは、大きなモチベーションになります。

しかし、お手本となる女性の先輩営業が身近になかなかいないだけでなく、仮にいたとしても結婚を機に辞めてしまうことが多いのです。

そのため、モデルケースが少なく、将来のビジョンをうまく描けない女性営業職は少なくありません。

また同じ立場の悩みを相談できる相手がなかなか見つけられないことも、不安を駆り立てる要素となっています。

男性営業職でモデルを見つけよう

もし目指したいと思う女性営業職がいないようなら、男性営業職でロールモデルとなる人を見つけましょう。

仕事のスタイルを男性営業職とまったく同じように真似る必要はありません。

男性の上司の見本となる部分や会話のテクニックの一部分を、女性ならではの視点でうまく取り入れるのも1つの手段です。

特に年齢を重ねても、仕事中心に頑張っていきたいとバリキャリを目指す人は、

仕事ができる男性をよく観察して、取り入れられる要素を積極的に探してみましょう。

②キャリアがライフイベントに左右される

つぎに、ライフイベントと仕事の兼ね合いがあげられます。

結婚しても仕事を続けたいという女性は多いですが、出産、育児があると産休や育休で仕事を一度離れなければなりません。

さらに、復帰しても保育園の送迎のために時短保育となるケースが多く、顧客に合わせてスケジュールを組みづらくなります。

また、結婚で配偶者が県外勤務のためついて行くなど、キャリアを左右される機会が男性営業職よりも圧倒的に多いため、

仕事とどちらを優先すべきか悩む声はあとを絶ちません。

家庭での分担を工夫しよう

あなただけが家事や子育てをする必要はありません。

女性だけが家庭を守るという価値観はとても古いものです。

たとえば保育園の送りは配偶者が担当する、接待が入る日は配偶者に迎えをお願いするなど、

家事や子育てを分担し、業務への支障が出にくいライフスタイルに変えましょう。

配偶者が忙しい場合は、両親や近隣の友人やシッターなどのサービスに助けを求めることも、決して悪いことではありません。

この先結婚を考える場合は、キャリアを続けたいのなら、家事や子育てを分担してくれるかという視点も、配偶者を選ぶ際の重要な要素です。

悩みが解決しない場合の対処法3選

このように、さまざまな視点で女性営業職ならではの悩みと、その対処法について話してきました。

しかし、これらは働く環境も本人の性格も千差万別です。

たくさんある不安要素の一部にしか過ぎません。

どんなに社内環境が整っていても、人と人が関わり、業務をしていくなかでトラブルやストレスがあるのは当たり前のことです。

なかには、答えのない不安や葛藤を抱えて勤務し続けている営業職もたくさんいるでしょう。

悩みが解決しない、非常につらい状況への対処法はあるのでしょうか。

信頼できる上司に相談する

勇気はいるかもしれませんが、信頼できる上司に相談するのも1つの手段です。

役職がある人はさまざまな経験をしているため、的確なアドバイスをくれるはずです。

「上司も忙しそうだから」

と遠慮する気持ちがあるかもしれません。

しかし、部下のマネジメントも役職者の仕事の1つなので、相談するのはあなたの権利でもあります。

また「営業の仕事はつらいけれど、会社自体は好き」

という状況なら部署異動の希望を出すのも良いでしょう。

客観的な立場であなたを見ている上司なら、思わぬところから悩みが解決できる糸口を見つけてくれるかもしれません。

期限を決めて頑張ってみる

仕事がつらいのであれば「〇〇までは頑張る」と期限を決めて、業務に臨むのも良いでしょう。

月のノルマを達成したと思えば、また新しいノルマが課せられるサイクルにうんざりするのは無理のないことです。

営業の仕事はプレゼン力やコミュニケーション力など、どの仕事にも通ずる基本的な能力が鍛えられます。

「いつ辞めてもどこでも働けるスキルがある」

「この仕事だけがすべてではない」

と気を大きく、視野を広くしましょう。

期限を設定することで、ゴールが見えるたびに

「こんなにつらいのはあと〇〇だけだ」

と少し気持ちが楽になります。

また、

「期限までに成果を出そう」

「十分な能力を身につけてやる」

という新たな視点で頑張るのも、新たなモチベーションになるかもしれません。

転職を決める

最終手段ですが、思い切って転職するのも1つの方法です。

先ほど述べたように、営業で身につけられる能力はすべての職業へ通じるため、選択肢はたくさんあります。

人と接することが好きで営業を続けたい場合は、合いそうな営業形態や手法をしている企業に転職するのも良いでしょう。

ノルマがきついのなら、ノルマがきびしくないルート営業などの営業手法の企業に転職するだけで、だいぶ環境は変わります。

体力的にきびしさを感じるのであれば、テレアポやカウンター営業がメインの賃貸営業など、

移動が少ない営業手法の企業に転職するのも良いでしょう。

また、営業の仕事自体に適性を感じなかったり、つらさを感じたりするのであれば、思い切って営業職以外を選びましょう。

事務職や人事などでも、営業職で培ったコミュニケーション力やPCスキルを活かせるはずです。

人生を楽しく生きるために仕事をしているのですから、毎日つらいのであれば、新しい環境を探すことも決して悪いことではありません。

転職サイトに登録して、マッチングする会社を探すことから始めてみましょう。

【女性営業職の悩み】まとめ

このように女性営業職に対して、働く環境の整備や周囲の対応が追いついていないことは否めず、

理不尽さや息苦しさを感じてながら働いている女性は、非常に多く見受けられます。

しかし物の見方を変えれば、男性が多い環境だからこそ、女性ならではの気配りや視点で勝負できるチャンスかもしれません。

また、営業としてキャリアを続けるのも、思い切って異業種にチャレンジするのもあなたの自由です。

悩みがあり自分のマインドだけで解決できないのであれば、

上司や人事に相談する、社外のキャリアコンサルタントと話すなどして、抱え込まないようにしましょう。

その勇気があなたの環境を変えるだけでなく、これから女性営業職が働きやすい未来を創る、第一歩となるかもしれません。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます