営業職って何がきついの?きつい業界・楽な業界を紹介!

営業職って何がきついの?きつい業界・楽な業界を紹介!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

営業職に興味のある就活生も多い中、営業はきついのではと不安を抱く人も見られます。

実際のところ営業職のきつさはどのようなものなのでしょうか。

そもそもなぜ営業にはきついというイメージが付きまとうのか、その理由や背景を考えてみましょう。

また業界によっても多少ハードさの度合いは異なります。

もちろん会社の形態や働き方などにもよりますが、一般的なきつい業界と楽な業界について紹介するので参考にしてください。

【営業職はきつい?】営業職の何がきついのか

現場で働いている社会人の生の声を聞けば、営業職の何がきついのかよくわかります。

その人の性格もあるので、万人が同じようにきついと感じるとは限りません。

大事なのは、客観的にその仕事の厳しさを知り自分に合うか冷静に判断することです。

具体的に実際の業務を把握することが大切です。

営業職がきつい3つの理由

営業職がきついと言われるのは、ノルマ達成のプレッシャーコミュニケーション上での難しさ、さらに扱う商品に関する好き嫌いなどが関係してきます。

以下に詳しく見ていきましょう。

ノルマがきつい

多くの営業職では、売上目標を立ててそれに対するノルマが課されることが多いです。

インセンティブ制で給与にも反映してくるとなると、売れるときは良いですがうまくいかないときに苦しむことになります。

自分では頑張っていても結局成果として数字が上がらなければ、周りに評価してもらいにくい難しさもあります。

コミュニケーションが苦痛

営業は嫌われても仕方ないといっても過言ではない仕事であり、お客様に断られることはしょっちゅうです。

さらにクレームが来ることもあります。

さらに契約が思うように取れないときに職場での上司やチーム同期との人間関係に疲れるときもあるでしょう。

うまくいかないときほど、コミュニケーションに関する悩みが増えそうです。

商品が好きになれない

自社の商品が好きで誇りが持てているのであれば問題ありません。

しかしながら、扱う商品やサービスに対して疑問を持ちながら営業しなければならない場合、それがストレスとなります。

愛着があり自身も本音で勧められる商品でなければ、なかなか思うように営業できないのが実際のところです。

たとえば不動産の営業などは、あまり良い物件とは言えなくとも、売り込まなくてはなりません。

「売れれば何でも良い」と割り切れる人であればこうしたストレスは少ないですが、やはり興味があり自分も好きな商品でなければきついです。

営業手法によってきつさも変わる

営業は、営業の手法によってきつさが変わることを知っておく必要があります。

そもそも一言に営業といえども、種類はさまざまです。

個人営業か法人営業かによってもまた異なります。

営業職がきついと言われるのは、たくさんの職種があるのにひとまとめにされてしまっているところが大きいです。

自身がどういった営業職を目指したいのかを明確にすることが重要です。

営業の職種を詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

飛び込み営業

新規顧客開拓のために、直接お客様を訪ねて営業することを飛び込み営業と言います。

インターホンを押して一軒ずつ家を回ったり、オフィスビルの最上階から一階ずつ降りながら営業をしたりします。

飛び込み営業では1日に何件も訪問するため体力的にもきついですし、何より断られることがほとんどなので精神的にもきつい仕事と言われます。

営業の仕事の中でも一番きつい仕事だと言えます。

テレアポ

テレアポ営業では飛び込み営業と違って直接訪問はしませんが、1日に何件も電話をかけて営業をします

直接訪問しないため楽に思えるかもしれませんが、電話ごしでお客様と話すのはかなりきつい仕事になります。

相手の顔が見えないためお客様が興味を持っているのか、はたまた怒っているのかがよくわからない中で営業をすることになります。

テレアポは精神的にきつい営業手法です。

ルート営業

ルート営業とは、すでに取引のある顧客に対して営業をしていく仕事です。

ルート営業は主に法人を対象として、すでに面識のある顧客への定期訪問や新商品の紹介、顧客と同行しての営業業務、取引先との販売促進に関する打ち合わせなどを行います。

新規開拓をしなくていいため他の営業と比べると楽な仕事と言われますが、顧客との長期的な関係を築いたり緊急時に対応しなければならなかったりとルート営業ならではのきついところもあります。

【営業職はきつい?】営業がきつい業界3選

営業は、一般的にきついと言われる業界働きやすいとされる業界があります。

まずはきついイメージがある業界3つを紹介します。

きつい業界は離職率も高くなり、その分求人は多いです。

大変な分やりがいはありますし、給与もインセンティブ制が多いとはいえ、できる営業マンなら稼げるでしょう。

以下、どのような点がきついのか具体的に解説します。

保険業界

保険の営業と聞くと、女性スタッフも多いイメージがあるのではないでしょうか。

個人や法人に保険商品を説明提供して契約を取る業務内容になります。

今やほとんどの人が保険に入るのでニーズは高いといえども、保険会社の種類があまりにも多く競争率が高いです。

さらに保険営業はほかの営業に比べると、給与のうちの歩合給率が高くなりがちです。

要するに、成果が出なければ給与面にも響くケースが多くなってしまいます。

それゆえに、常に数字を意識しなければならないきつさがあるでしょう。

保険営業について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

不動産業界

不動産の営業は、住宅という形で個人や企業に売り込む場合と投資商品として売るケースに分かれます。

不動産の営業ではテレアポの仕事もよく見られます。

1日何件も電話をかけるものの相手にあっけなく断られてなかなかアポが取れないことも多く、精神的に参る人も多いです。

住宅を売り込む場合、日陰やアクセス難などの難しい物件も売らなくてはいけない大変さもあるでしょう。

最近では詐欺まがいの業者も増えているために、客側の警戒心が強くなっていてうまく商談を進められないきつさもあります。

不動産営業について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

広告業界

広告業界の営業は、法人相手に行うことが多いです。

企業に宣伝広告の提案制作を勧める営業になります。

広告業界の営業も少し特殊であり、クライアントである企業と、制作するクリエイターとの間に入って商品提案を進める仕事になります。

その結果、できあがった広告に不満があると、クリエイター側よりも営業にクレームが入ることが多いのです。

その理不尽さにストレスを感じる営業マンも少なくありません。

広告業界の営業については詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

【営業職はきつい?】営業が楽な業界3選

きつい業界がある一方で、比較的楽と言われる業界もあります。

IT業界インフラ関係の会社、さらにメーカーの営業は働きやすいとされています。

どういった面が楽なのかを見ていきましょう。

IT業界

IT業界とは、主にソフトウェアやWeb系のサービス、通信などを扱う企業を呼びます。

そうした商品の営業職は、コロナ渦でますます需要が高くなり商談しやすくなっています

この背景には、DX化(デジタルトランスフォーメンス化)が大きく影響しているのです。

DX化とは、コロナ渦により、企業がデジタル技術を導入し、活用を積極化している状態を言います。

従来の方法から組織やビジネスモデルを変革し、価値提供の方法を変えていくのです。

それゆえにIT需要が高まり、IT関連の営業職は働きやすい傾向にあります。

IT業界の営業については詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

インフラ業界

インフラ業界とは、社会のいわゆるインフル全般(電気やガス、鉄道関連など)の商品を扱っています。

こうしたインフラ関連品を扱う営業職も、それほどまでにきつさを感じずに働けると言えそうです。

なぜなら、インフラ商品は生活していくうえで人々にとって必要不可欠なものであるからです。

商品やサービスは、生活必需品と呼べるものとあってもなくてもどちらでも良いものとに大きく分かれます。

インフラ商品はまさに、なくては困るものです。

インフラ業界の営業については詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

メーカー業界

一言にメーカー業界といえども非常に幅は広いです。

総合して称すれば、部品や製品を作って売っているメーカーのほぼすべてが、メーカー業界に入ります。

大手メーカーは名も知れており実績と信頼もあるので、営業しやすいという利点があります。

またメーカー営業はルート営業がほとんどで、新規開拓をしなければいけない形態は少ないでしょう。

すでに取引のある相手を回って新商品をアピールするなどの営業方法になるので、断られる確率も低くプレッシャーも感じずに済みます。

メーカー業界の営業については詳しくは以下の記事をご覧ください。

【営業職はきつい?】営業職にはやりがいもある!

営業職のきつい部分を業務内容や業界別に述べてきましたが、厳しいからこそ、このうえないやりがいや達成感があるのも事実です。

人によっては営業がとても向いていて、イキイキと活躍している人もたくさん見られます。

営業のどういった面にやりがいを感じることができるのか、以下に紹介します。

営業職の3つのやりがい

営業職で得られるやりがいについて、大きく次の3つが挙げられます。

もっと詳しく知りたい人は、こちらをご覧ください。

成果が明確にわかる

たとえば事務職は、自身の頑張りが、具体的にはわかりづらいかもしれません。

しかし営業職は、結局のところ売り上げた額が成果になります。

数字で示せるので非常にわかりやすく、頑張りを自身も実感できるうえに、会社にも認めてもらえるのです。

多くの営業職は、目標売上数を設定してそれを達成すべく頑張ります。

そして売上によって、給与アップするシステムになっているところも多いです。

成果を出せば出すだけ給与も上がり、次の目標を立てて、また頑張ることができます。

これは、営業の大きなやりがいといえるでしょう。

お客様と直接関われる

客に対して一方的に商品を売り込んでも、なかなか契約にはつながりません。

目の前の人が何に困っているのかを読んで、それを解決できる商品やサービスを提案してこそ、客は購入してくれます。

そして購入した商品サービスにより抱えていた問題が解決すれば、客は満足して喜んでくれます。

人と接する仕事がしたい人に営業は向いているといえますが、このように客とダイレクトに接して、感謝してもらえることも営業ならではです。

ビジネスの基礎を学べる

話し方マナーからはじまり、わかりやすい説明の仕方や人間関係の構築のコツなど、ビジネスマンとしての基本的なことも営業は学ぶことができます。

契約を取るために、自分でいろいろと工夫することも必要であり、創造力も磨かれるでしょう。

断られても切り替えて次へと進まなければならないので、メンタル面も強化されます。

働きながら多くが身につき、成長できる点も、営業職の魅力です。

【営業職はきつい?】営業職以外での就職

いろいろ知ったものの、営業職は自身にはやはりきつそうと感じたなら、営業職以外に目を向けるのも一つです。

文系の学生の場合、公務員や弁護士などの専門職を除いた一般職としては以下のようなものがあります。

・企画
・マーケティング
・広報
・人事
・総務
・法務
・経理

総合職採用では営業への配属が多いため、新卒で就くのは難しいかもしれませんが、入社後のキャリアとして考えてみるのも良いでしょう。

まとめ

営業職に就きたい意欲はもちろん大切ですが、いろいろな営業の種類各職種の業務内容やきつさを冷静に知ることも重要です。

きつさがわかれば自分にマッチしている営業手法を探すことができて、さらに自分に合う職場で自分を活かすことができます。

この記事でそれぞれの業界の営業のきつさややりがいを理解できれば、自分の目指す仕事も見えてくるのではないでしょうか。

自己分析もしながら、自分に合う仕事を慎重に探していきましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます