未経験で営業職に転職|営業職に転職することって難しいの?おすすめな業界と向いている人、転職する方法を紹介!

未経験で営業職に転職|営業職に転職することって難しいの?おすすめな業界と向いている人、転職する方法を紹介!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

 はじめに

昔は終身雇用が一般的だった雇用形態も、近年大きく変化していきました。

今では社会の変化や価値観の変化、さらに自分自身の成長を求めて転職をするのが当たり前です。

これまでやってきた仕事や現在携わっている仕事にやりがいを感じられない、スキルが身についていない、将来性がないなどと悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

そういった方に1つの案としておすすめしたいのが、営業職への転職です。

実は営業職は条件さえそろえば、未経験からでもチャレンジできます。

今回の記事では将来を見越して、未経験で営業職に転職を考えている方に向けて、営業職の仕事内容や仕事の探し方・営業職に求められるスキルまでを詳しく解説していきましょう。

【未経験から営業職に転職】未経験でも営業職に転職できる

実は営業職は未経験からでも転職しやすい業種の1つであるといわれています。

その理由は大きく分けて2つあります。

1つめは営業職という、仕事自体の求人量が圧倒的に多いからです。

営業とはどんな会社にも必要不可欠な仕事です。

会社の顔といっても過言ではなく、製品やサービスを幅広く知ってもらい、購入してもらうための仕事となります。

そのためそもそもの求人数が多く、未経験者からでも転職しやすいのです。

2つめは転職の時点で、特に資格やスキルが必要ないことです。

エンジニアや講師であれば、資格やスキルが必須条件とされている場合も多いですが、営業職ではほとんど必要ありません。

なぜなら製品や商材に関する知識は、入社してから身につけるのが一般的だからです。

このように未経験者の方でも、上手に業界や会社を選べば、営業職への転職は十分実現できます。

営業職について詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください!

【未経験から営業職に転職】未経験の方におすすめな業界

一言で営業といっても、さまざまな業界があります。

売る商品や売る相手が違えば、営業の方法や働き方も異なります。

そのため入社してから研修や実践を通して、専門的な知識やスキルを習得することが非常に大切です。

ここでは営業の中でも代表的な業界についてそれぞれ詳しく解説します。

自分の興味のある業界や、チャレンジしてみたい業界を探してみましょう。

 人材業界

有形・無形商材についてはこちらの記事を参考にしてください。

人材業界とは主に求人情報・人材紹介、人材派遣に関する仕事です。

たとえば求人広告を取り扱うメディアや、転職エージェントなどがあげられます。

これらはすべて無形商材を取り扱う営業で、顧客は個人よりも法人が多い傾向にあるのです。

特にに人口減少による働き手不足もあいまって、次第に需要の増している業界といえます。

未経験者歓迎の求人が多いことと、扱う商品が多くないので仕事を覚えやすいことから営業の仕事がはじめてという方にもおすすめしたい業界の1つです。

 IT業界

IT業界の営業ではソフトウェアや情報システム、Webマーケティングなどに関する営業が主な仕事内容です。

これらも人材業界と同じく無形商材で、顧客は法人が多い傾向にあります。

ITの普及とともに近年急激にニーズが増しており、それにともなって成長を遂げているため転職のハードルが低い業界です。

大手企業のほかにも、比較的新しい働き方を取り入れているベンチャー企業や、国際色豊かな企業が多いのも1つの特徴といえるでしょう。

営業にあたってエンジニアやプログラマーとコミュニケーションをとったり、それらのサービスに関する知識を培ったりすることが求められます。

保険業界

保険業界の営業では生命保険や医療保険、損害保険などの無形商材を取り扱います。

顧客は個人が多く電話でアポイントをとったり、飛び込み営業をしたりする場合もあります。

また代理店などの営業では、店舗に来てくれた方に最適な保険プランを提案する場合もあるでしょう。

さらに新規顧客獲得のため、お金や保険に関わるセミナーを開催するなど、さまざまな方法で新規獲得に向けて工夫をこらしていくことが大切です。

新プランの開発や提供にあたり、採用が活発になってきているのも特徴です。

保険は人生や生き方に関わることなので、一人ひとりの顧客と信頼関係を結ぶことが特に求められます。

不動産業界

不動産業界ではマンションや住宅・土地などの販売、賃貸物件・不動産管理などに関する営業が主な仕事です。

これらは上記の業界とは違い、有形商材を取り扱います。

顧客は法人の場合と個人の場合と、どちらも対象になることが多いです。

入社後の研修や専門資格の取得支援体制が整っている企業も多く、未経験者でも転職しやすい業界といえるでしょう。

中リフォームや売買仲介に関する仕事は、これからも成長していくことが期待されています。

【未経験から営業職に転職】注意するべきこと

営業未経験での営業職への転職で注意するべきことには、どういったことでしょうか。

ここでは営業の求人を探す前に、知っておくと良いポイントについて解説します。

ミスマッチを減らし、納得して働けるような環境を手に入れるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

 新規開拓営業が多い

営業職で未経験可の求人は、新規開拓営業が多い傾向にあります。

新規開拓営業とは、新たに顧客を獲得するために自分から新しい場所に飛び込んでいく営業方法です。

一方でルート営業と呼ばれる営業では、すでに成約をもらっている企業とお付き合いを続けていくための、フォローをするような営業です。

新規開拓営業はこのような既存顧客に対する営業より、ハードであるといわれているので注意しましょう。

新規顧客を獲得するためには、電話をかけたり、いきなり飛び込みで営業にまわったりすることもあります。

中には製品やサービスに興味のない顧客も多いので、冷たくされたり無下に扱われたりすることもめずらしくありません。

工夫をしながら、新たな顧客と信頼関係を築いていく必要があります。

 ブラックの場合もあるので気をつけよう

未経験可の求人には、残念ながらブラックな労働環境を強いる企業も存在します。

たとえば過度なノルマを与えられたり、休みがもらえなかったり、度を超えた残業を求められたりなどです。

さらに営業先とのお付き合いが多く、休日にも電話がかかってきたり、プライベートと仕事の境界線がなかったりといったことも起こりえます。

そういった企業は離職者数が多く、未経験可とすることでなんとか採用数を確保しようとしています。

これらのブラック企業をしっかりと見極めることが必要です。

そのためには会社の事務所見学を申し込むとよいでしょう。

社員がどのような雰囲気で働いているのかを確認できます。

万が一断られた場合は、職場環境が劣悪な可能性もあるので注意が必要です。

また求人募集票の離職率に注目してみるのも、ブラック企業を見分けるための1つの方法です。

昇給や労働時間についても、面接の時点で細かく確認しておきましょう。

収入が減る場合がある

未経験で転職をする場合、収入が以前の職場よりも減ることも考えられます

特に成績重視の企業で営業をする場合は、インセンティブありきで基本給が低く定められている場合も多く、給料が下がる可能性は大いに考えられます。

転職してすぐは結果が出ないため、給料が下がってしまう可能性も考慮に入れて転職を考えるようにしましょう。

とはいえ長期的に考えた場合、能力や成績次第で収入が大きく上がっていくことが考えられます。

実力次第では前職の給料を上回る可能性も大いにあります。

このように長期的な目線で見ながら、自分の人生設計・金銭事情に合わせて総合的に考慮してみましょう。

【未経験から営業職に転職】営業職に向いている人

いくら転職が一般的な世の中といっても、未経験で新しい業界に飛び込むのは本当に勇気がいることでしょう。

本当に自分はやっていけるだろうか、楽しくやりがいを持って続けられるだろうか、そもそも自分に合った仕事なのだろうかと不安を抱えている方も多くいるかもしれません。

ここからは、営業職に向いている人はどういった人なのかを紹介します。

これらに当てはまるかどうかぜひ確認をしてみましょう。

もし自分にその能力がないなと感じても、どうすれば改善できるかを面接までのあいだに考えられます。

また、前職で学んだことや経験してきたことを活かす方法についても考えてみましょう。

特に飲食店や美容室などの人と関わる接客業に就いていた人は、気遣いやマナーなどを営業に活かせます。

自己分析をしながら自分が営業職に向いているのか、考えてみましょう。

 コミュニケーションが得意な方

営業で一番大切な能力といっても過言ではないのが、コミュニケーション能力です。

人と話すことが苦手だと、どうしてもストレスを感じやすくなってしまうでしょう。

個人の顧客にしろ相手企業の担当にしろ、取引先とのコミュニケーションが中心の仕事です。

成約のためには、時間をかけてコミュニケーションを取り、信頼関係を構築することが欠かせません。

自分が一方的に営業トークをするのではなく、相手の困っていることや悩みに耳を傾けて話を聞く能力も必要です。

なぜならその相手の置かれている状況を本当に理解できていなければ、その顧客に必要な提案ができないからです。

また、いくらよい提案だとしても、相手に論理的に伝えられなければ成約にはつながりません。

その製品やサービスを利用することで、どんなメリットがあるのかを具体的にイメージしてもらうことが大切です。

そのためには話し方・聞き方、資料作成などを含めたコミュニケーション能力が欠かせません。

 地道な努力ができる方

コツコツと地道な努力ができるという人も、営業職に向いているといえるでしょう。

一見華やかに見える仕事ですが、多くの営業活動は受注に至るまでに長い時間を要するため、地道な努力が必要です。

市場調査や丁寧なヒアリングをしながら少しずつ関係性を深め、信頼関係を構築することでようやく契約が取れるからです。

またこのように努力を重ねても、結果につながらないこともあります。

すぐに結果が出なくとも、地道に努力を重ねていけることがのちの業績アップのカギになるのです。

言いかえると不器用でも、しっかりと目標に向かって粘り強く取り組める方には、ぴったりの仕事といえるでしょう。

 成長意欲がある方

未経験者でも積極的に採用してくれるのは、入社後の伸び代に期待を寄せているからです。

未経験可とされている多くの営業職において、入社してすぐの成績は求められていません。

最初から完璧にこなすことなど、誰もできないからです。

スキルや資格・経験がなくとも、失敗を恐れず積極的にアクションを起こし、工夫と改善を重ねていける人材が求められています。

課題や目標を設定しみずから実行、そしてその反省を次回に活かす、このサイクルを自分自身で繰り返す必要があります。

目標意欲が高い人や、向上心のある人に向いている仕事ともいえるでしょう。

【未経験から営業職に転職】営業に転職する方法

さてここまでの記事を読んで、ぜひとも営業職に転職を考えたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

そういった方のためにも、未経験で営業に転職するにはどうしたらよいのか、ここから詳しくご説明をします。

転職先を探す方法は2つあります。

大きく分けて、エージェントを利用する方法と、ナビサイトを利用する方法です。

状況に合わせて自分に合う方法を選んでみましょう。

 転職エージェントを利用する

転職エージェントとは人材紹介サービスの1つです。

転職者がスムーズに転職活動ができるようにサポートしてくれます。

転職エージェントを利用すると企業選び・履歴書作成、面接対策・条件の交渉などのサポートをしてもらえます。

特に未経験で営業の仕事をするとなると、業界についてや待遇についてもわからないことばかりでしょう。

そういった時に気軽に質問したり相談したりできる、心強いパートナーとなってくれることでしょう。

 ベンチャーセールス

「ベンチャーセールス」は20代の営業職に特化した転職エージェントです。

まさに未経験から営業職へ転職したいと考えている方に、ぴったりのエージェントともいえるでしょう。

なんといってもトップ営業マンとして実績を持つ、営業のプロがアドバイザーとしてサポートしてくれることが魅力です。

業界について詳しく聞いたり、営業方法のコツやテクニックなどについてもアドバイスをもらったりできます。

また転職先の会社の雰囲気を事前に確認したり、アドバイザーだからこそ知っている情報を聞いたりできるので、納得したうえで企業を選べます。

さらに24時間365日相談を受け付けてくれることから、現在の仕事が忙しくなかなか時間が取れないという方にもおすすめです。

マイナビエージェント

はじめての転職をしっかりとサポートしてくれるのが「マイナビエージェント」です。

キャリアアドバイザーが丁寧にヒアリングをして、疑問や質問にもしっかりと答えてくれます。

このサポートをしてくれるアドバイザーは、業界ごとに担当が分かれているので、営業職であれば営業職に精通しているアドバイザーが担当してくれます。

またキャリアアドバイザーのほかにも、企業担当アドバイザーが担当としてサポートをしてくれる制度もあるのです。

企業担当アドバイザーは、企業の人事担当者と直接やり取りをしてくれたり会社の雰囲気を教えてくれたりと、転職志望者の心強い味方になってくれます。

転職ナビサイトを利用して自力で探す

転職エージェントを利用する以外にも、自分で転職ナビサイトを利用して見つける方法もあります。

本格的に転職活動をはじめる前から、どのような求人があるのか条件の相場はどれくらいかなどを気軽に調査できます。

もし転職ナビサイトだけで転職活動をする場合は、履歴書対策・面接対策に力を入れる必要があるでしょう。

計画的にしっかりと時間をかけて準備をしましょう。

詳しい情報が気になる方はこちらの記事もご覧ください。

キャリトレ

「キャリトレ」はビズリーチが運営する20代向けの転職サイトです。

大企業だけでなく、数多くのベンチャー企業などが優秀な若手を求めて求人を出しています。

職歴や希望条件を登録すると、AIが分析しそれにぴったりの求人情報を教えてくれるレコメンド機能も人気です。

また登録者の情報を見た企業から「ぜひ会って話をしたい」という面接オファーが届いたり、転職エージェントのヘッドハンターから直接連絡がきたりすすこともあります。

スマホで簡単に操作できるので、お昼休みなどのすき間時間を利用して効率よく転職活動を進めましょう。

エン転職

「エン転職」はエンジャパンが運営する転職ナビサイトです。

総合満足度が高く、こだわり検索やスカウト機能などのさまざまなサービスが用意されています。

高い満足度の秘密は、それぞれの企業を担当者が独自取材をしているので、信頼度の高い求人情報を得られることです。

さらに元社員による口コミなども見られるので、職場の雰囲気をよりリアルに感じられるでしょう。

また転職後にも3年間のサポートがついていて、さまざまな役立つプログラムを受けられます。

営業系に絞った専門サイトも用意されているので、営業職を希望している人はこちらをのぞいてみるのがよいでしょう。

マイナビ転職

「マイナビ転職」日本最大級の転職フェアを全国で実施していることでも有名な、転職ナビサイトです。

「転職MYコーチ」と呼ばれるキャリアアドバイザーに、Web履歴書を添削してもらえるサービスが人気です。

ほかにも志望動機の書き方や自己PRの書き方、面接でのよくある質問例などに関してもさまざまな情報がまとめられているため、ぜひ一度目を通してみましょう。

また転職フェアに参加すれば、実際に会場内でさまざまな企業の採用担当者と会って話ができます。

さらにキャリア相談コーナーや講演なども開催されているため、自身の住む地域で開催される際には足を運んでみるとよいでしょう。

まとめ

今回は未経験からの営業職への転職について、さまざまな視点から解説をしました。

ITの発達により、今後多くの仕事がロボットや機械に置き換えられてしまうと予想されています。

そういった中でも、人との関わりやコミュニケーションを重要としている営業という仕事は、機械で代替が利かない仕事であるといっても過言ではないでしょう。

そういった意味では、今後もさらに将来が期待される職種であるといえます。

結果を求められるかわりにそれらがしっかりと評価につながるため、モチベーションを持って働けるのも魅力の1つです。

ぜひ転職エージェントや転職ナビサイトを利用して、理想的な営業の転職先を見つけてみてください。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます