【就活生必見】自己分析ノートの作り方!自己分析のメリットやさまざまな自己分析の方法を紹介!

【就活生必見】自己分析ノートの作り方!自己分析のメリットやさまざまな自己分析の方法を紹介!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

就職活動を始めるに当たってまず行わなければならないのが自己分析です。

しかし就活生の中には「自己分析のやり方がわからない」「そもそも自己分析って本当に必要?」などと考えている方もいると思います。

そんなあなたのために、今回はノートを活用した自己分析の方法を紹介します。

効果的な自己分析の方法を理解し、これから始まる就職活動に活かしてみてください。

【自己分析ノートの活用法】自己分析をする目的は?

自己分析ノートの作り方を紹介する前に、そもそもなんのために自己分析を行うのかを考えていきます。

就職活動に限らず、何事も目的を理解してから行うことが重要です。

目的を持たずに自己分析を行なっても、十分な効果を得ることはできません。

それでは就職活動において自己分析を行う目的を紹介していきます。

就活の軸を見つけるため

自己分析を行う大きな目的の一つとして、就活の軸を見つけるためという理由が挙げられます。

就活の軸とは企業選びや仕事選びの自分なりの基準のことで、働く上で絶対に譲れない条件とも取ることができます。

この条件はそのまま企業選びの指針となるため、就職活動においてかなり重要な役割を果たします。

就活の軸がはっきりと決まっていれば自ずと自分が働きたい企業も見えてきて、入社後のミスマッチも防ぐことができます。

自分の強みや弱みを理解するため

自己分析をすることで自分の強みや弱みを整理することができ、自分には何ができて何ができないのかが明確になります。

自分の強みと企業研究の結果を掛け合わせることで、自分の強みを活かせる企業を見つけ出すことができます。

また強みと弱みを理解することは、面接で自己PRをする時にも役立ちます。

ここで大事なことは、強み弱みを言語化することです。

言語化することで客観的に自分を理解できるようになり、面接で問われた時にも論理的に説明をすることができるようになります。

企業に的確にアピールするため

自己分析をすることで企業に的確にアピールできるようにもなります。

自分をアピールする際に重要なのは話す長さではなく、いかに論理的に伝えることができるかです。

強み弱みはもちろん自分のビジョンやこれまでの経験についても振り返っておくことで、面接の際に自分を論理的にアピールできるようになります。

また企業にマッチしている内容を具体的に伝えることも重要になるので、自分の考えを言語化しておくことも必要です。

【自己分析ノートの活用法】自己分析ノートを活用するメリット

ここまで自己分析を行う理由について紹介してきました。

自己分析には就職活動を行う上で重要となるポイントがいくつもあります。

しかし、実際に自己分析を行う際にどのように行えば良いかわからない人も多いと思います。

そのため、ここからはノートを活用した自己分析について紹介していきます。

まずは自己分析にノートを活用するメリットを紹介します。

紙とペンさえあればいつでもどこでもできる

自己分析にノートを活用するメリットの一つ目は、いつでもどこでも始められるという点です。

この自己分析の方法に必要な道具は紙とペンだけです。

準備が楽なことに加えて、作業のやり方も紙に書き出すだけなので場所を選ばずに行うことができます。

何かを始める時に一番の妨げになるものは、準備や移動などの実行するまでの障害の多さです。

このノートを活用する方法であれば、実行するまでの障害を極限まで減らし手軽に始められるため、思いついた時にすぐに始められるというメリットがあります。

手を動かすことでアイデアが出やすくなる

実際に自分の手を動かして行うことにはさまざまなメリットがあります。

手で書くことには、考えと身体感覚が連動してアイデアが出やすくなったりはっきりとした記憶に残りやすくなったりする効果があると言われています。

自己分析は過去経験を振り返りその中から自分の価値観や強みを見つけていく作業なので、手で書くことのメリットを十分に活かすことができます。

スマートフォンやパソコンを使うよりもノートを活用した方が手書きの効果が得られるため、自己分析を効率的に進めやすくなります。

視覚化することで自己理解が深まる

自己分析を頭の中だけで考えていてもさまざまな考えが混在してしまい分かりにくくなってしまいがちです。

考えは目に見える形で整理していく方が情報が洗い出せるため、理解が深まりやすくなります。

また視覚化すると複雑な思考もクリアになるので、自分でも知らなかった新たな一面を発見できることもあります。

これは自己分析以外にも活用できるため、考えがまとまらなくてもやもやしてしまった時は紙に書き出すことがおすすめです。

【自己分析ノートの活用法】自己分析ノートの作り方

ここまでは自己分析をするメリットについて紹介してきました。

就職活動における自己分析の重要さについて、理解できたと思います。

それではここからは、実際に自己分析ノートの作り方を紹介していきます。

ノートをうまく活用して、就職活動に活きる自己分析を行いましょう。

道具を用意する

まずは必要な道具を用意します。

必要なものは紙とペンだけなので、手軽に始められるのがノートを活用するメリットのひとつです。

紙のサイズについてですが、自己分析では自分の考えをどんどん派生させていくことが重要なので、小さな紙を使うよりも大きめのサイズを使う方が効果的です。

おすすめは、持ち運びや管理がしやすいA4サイズです。

過去経験を時系列順に書き出す

道具の準備が整ったらいよいよ自己分析を行なっていきます。

自己分析の基本は、自分の今までの人生を振り返ることです。

そのため、まずは自分の人生で印象に残っていることを時系列順に書き出してみましょう。

書き出した経験から、自分の価値観や強み、学んだことを発見することができます。

この段階は自己分析の材料集めの段階なので、思い浮かんだことを箇条書きでどんどん書き出していきましょう。

過去経験を振り返るには自分史がおすすめ

自分の過去経験を振り返るには自分史を作る方法がおすすめです。

自分史とは自分の人生を年表のように表す方法です。

「いつ」「どのような経験をして」「何を感じた・学んだのか」ということが時系列ごとに整理できるため、自分の人生を効率的に振り返ることができます。

自己分析ノートの最初の段階は、自分史を活用してサクサクと進めていきましょう。

経験から得られたものを振り返る

自分の経験を書き出したら、次はその経験からどんなことを得たのかを振り返っていきましょう。

例えば「この経験の前と後で考え方が変わったこと」や「この経験を踏まえて意識するようになったこと」などを思い返していくと、その経験から何を学んだのかを見つけることができます。

印象に残っている経験というのは、その経験から何かしらの影響を受けていることが多いです。

そこで得たものの中から自分の強みを見つけ出しましょう。

強みを見つけるにはマインドマップがおすすめ

自分の強みを見つけるにはマインドマップがおすすめです。

マインドマップとは自分の思考を紙に書き出して派生させながら広げていく方法です。

最初は抽象的な言葉から始めても、進めていくうちに自分の強みが具体的に見えてくるようになります。

マインドマップは思考を整理したり、その中から何かを見つけることに大きく役立ちます。

将来なりたい自分をイメージする

最後に書き出した経験と発見した強みから、自分が将来なりたい姿を思い描きます。

自分の理想の将来像と現在の自分の立ち位置が理解できれば、目標を達成するために何をすればよいかが明確になります。

これは就活の軸と呼ばれる就職活動における最も重要な軸になります。

自己分析では過去・現在・未来の自分を振り返り、考えることが重要なポイントです。

【自己分析ノートの活用法】ノート以外の自己分析の方法

ノートを活用した自己分析の方法を紹介しました。

この方法は手軽にできるだけでなく、自己分析に必要な情報を効率的に振り返ることができるためおすすめです。

しかし、自己分析の方法はこれだけではありません。

ここからは自己分析ノート以外の自己分析の方法を紹介します。

ジョハリの窓

最初に紹介するのは、ジョハリの窓という方法です。

ジョハリの窓とは、1955年にアメリカで行われた「グループ成長のためのラボラトリートレーニング」の中で、「対人関係における気づきのグラフモデル」として発表されました。

発表者であるサンフランシスコ州立大学の心理学者ジョセフ・ルフト (Joseph Luft) と、ハリ・インガム (Harry Ingham)の名前から「ジョハリの窓」と名付けられました。

ジョハリの窓では、被分析者の性格や認識を、「解放」「盲点」「秘密」「未知」という4つの「窓」に区分し、分析を行います。

被験分析者の自己分析と、周囲による他己分析を統合することで、「解放(自他ともに認知している特性)」を広げ、「未知(自他ともに認知していない特性)」を狭めることで、他者とのコミュニケーションに活かしていく手法です。

ジョハリの窓に関する詳しい内容は以下の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ワークシート

次に紹介するのは、ワークシートを用いた自己分析です。

自己分析ワークシートはあらかじめ決められた設問に対して、これまでの自分の経験や感情などを答えていくだけで自己分析が完成する、非常に便利な自己分析作成ツールです。

ワークシートの中には、先ほども紹介した自分史なども含まれます。

闇雲に書き進めていくのではなく、複数種類のシートの決められた項目に沿って回答する仕様のため、効率良く分析ができます。

自己分析は就活の第一歩ともいえ、志望動機の作成や志望企業を絞り込んでいく際のベースともなる要素でとても重要です。

自己分析がしっかりできていないと、就活の方向性を定めることができません。

いわゆる「就活の軸」を持つためにも、この自己分析ワークシートをうまく活用してみましょう。

ワークシートを活用した自己分析については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

マインドマップ

続いて紹介するのは、先ほども紹介したマインドマップです。

マインドマップは思考を可視化するためのもので、自分の頭の中にあるさまざまな考えを蜘蛛の巣状に広げて地図を作り、整理します。

マインドマップを使うことで普段自分が何を考え、どんな価値観にもとづいて行動しているのかがわかります。

やり方は比較的自由度が高く、あるテーマを決めたらそのテーマから連想する言葉やイメージを書き連ねていきましょう。

たとえば「特技」をテーマに定めた場合、「特技」―「スポーツ」―「集団行動」―「リーダー」―「統率力」といった具合に、文章ではなく単語で書き連ねていくのがポイントです。

テーマを徹底的に掘り下げていくことで自分の思考と価値観がだんだんと明確になっていき、マインドマップが完成した頃にはかなりの自己分析が進んでいることでしょう。

マインドマップに関する詳しい内容は以下の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

自己分析サイト

最後に紹介するのは、自己分析サイトです。

自己分析サイトは、サイトで用意された質問に答えたり、自分の経験や価値観を入力したりすることで、自分自身についての客観的な分析結果を得られるサイトです。

自己分析を行ってみたけれど、自分ではうまくいかなかった人や自分のことを深く知りたいけれど、じっくり自己分析をする時間的な余裕がない人は、これを活用することにより簡単に客観的な自分自身の傾向を知ることができるのでおすすめです。

また、時間をかけてわざわざ分析などしなくても自分のことはわかっていると考えている人でも、一度自己分析サイトを利用してみると意外な発見があるかもしれません。

自己分析サイトは就活サイトが提供しているサービスの一つとして、各就活サイトに登録することにより無料で利用できるものがほとんどです。

中でもおすすめの自己分析サイトは、営業就活ドットコムの「LINEで自己分析」です。

自己分析サイトに関する詳しい内容は以下の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【自己分析ノートの活用法】自己分析でつまづいたときは就活エージェントを利用しよう

ここまで就職活動における自己分析の重要性や具体的なやり方について解説してきました。

自己分析は就職活動においてかなり重要な要素ですが、これさえできていれば簡単に内定が取れるかと言われればそうではありません。

内定を取るためには、他にも内容の適した志望動機や自己PRを考えたり企業ごとの面接対策をしたりする必要があります。

多くの準備や情報が求められる就職活動に不安を感じている人も多いと思います。

そんな方におすすめなのが、就活エージェントです。

就活エージェントはあなたにあった企業を紹介してくれるだけでなく、書類添削や面接対策など就職活動に関する全てのことを就活のプロがサポートしてくれるサービスです。

特におすすめの就活エージェントは、営業就活ドットコムです。

営業就活ドットコムは営業関連の仕事につきたい就活生に特化したサービスで、内定取得率は95%とかなりの数字を誇ります。

忙しいあなたのために24時間365日いつでも対応可能ですので、気になる方はぜひこの機会に利用してみてください。

まとめ

この記事では自己分析の重要性や、ノートを活用した自己分析の方法について解説してきました。

就職活動において自己分析は大きな役割を果たす重要な準備であるため、前もってじっくりと行うことをおすすめします。

自分の強みや理想の姿をしっかりと把握した上で、就職活動に挑みましょう。

あなたの就職活動が成功することを応援しています。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます